« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

エグジビションいいよねぇ

今日はバンクーバーオリンピック、スケートのエグジビションをテレビで見ましたsnowboard

金メダルをかけ国を背負ってしまっている、と言っても言い過ぎではないくらい厳しいオリンピック競技。ピリピリの本戦のときとは違い、極端な緊張感からも解放された超一流選手たち。エグジビションでは華麗で優雅で楽しいスケートを心から楽しませていただきました。フィギュア、アイスダンス、シングル、ペア、さまざまな種目を見ることができたり、各選手の個性が楽しめるのもよいですね。

ああいうのってずーとずーと見ていたいな~heart04。チャンスがあったらアイスショーとか行ってみたくなりました。

私は闘争心が欠けているのか弱虫なのか、もともとあまり競争に興味がなく、フラのオリンピックとも言われているメリーモナークを見てもどこが一位でどこが二位とかいうよりは、どのハラウのフラが好きとか、どのダンサーと一緒に踊ってみたいとか、…そんな目で見ていることが多いような気がします。

そんな私ですが、今回のオリンピックで一番心に残っているのは本戦を滑り終わったあとの鈴木明子選手の言葉です。

「最後のステップを踏んでいるときはこれでオリンピックが終わってしまうのがもったいないと思うくらい幸せな瞬間でした」

あ~、なんて素敵な言葉でしょうshine。すっかり共感してしまいました。

鈴木選手をはじめ、さまざまな感動をいっぱい与えてくれた、日本の選手の皆さん全員、そしてすべての国の選手の皆さん全員、本当にお疲れ様でした。

選手ひとりひとりにそれぞれにドラマがあり、それが競技に重なって見ている人々に感動を与えてくれるのでしょうね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

レッスン日記2月4週(10:00)&(17:00カヒコ)

自分のためのハラウレッスンの覚書です。

club10:00のアウアナ

2週間レッスンをお休みしてしまったので、随分久しぶり。こんな日はちょっと緊張します。

 yachtHome Kapaka
 yachtKe Aloha
 yachtIpo Hula

の3曲を練習しました。今日クムが強調していたのは、transition、そしてpower。

すべてのものにはpower を持っている。それは強い時もあればかすかな時もある。目では見えないこともあるし、普通では感じることができない場合もある。しかし確かにすべてのものがpowerを発している。それを表現してほしい。

興味深かったのは"moani"という単語。「かおりがする」という意味がありますが、これはよい香りの時にもよくない臭いの時にも使えるそうです。今は手元に辞書がないので、また帰宅したら調べてみます。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

club17:00のカヒコ

10時のクラスで緊張という言葉を使いましたが、長く休んで緊張するのはやっぱりカヒコですね。

今日は久しぶりにコクアクムのKaleoが来てくれましたhappy01。そしてミシガン州のフラブラザーKahoaもhappy01。Kahoaは来週帰ってしまうのでまたしばらくお別れです。

みっちりベーシックやったあとは

 yachtKilohana o Kalani
  yachtI Mauna Lahilahi

クムからのAli'iについての質問攻めがこわいのですが、終わってしまえばやっぱりひたすら楽しいクラスでしたheart02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これか~

昨日の夕方、日記を書いたのですが、『保存』ボタンを押したら、見事に消えましたcoldsweats01

多分インターネットの接続状況がよくなかったのでしょう。

みんなが時々書いている「日記が消えたーーー!」っていうの、今まであまり経験しなかったのですが、「あっ、これかー」と思いました。ホント悔しいね~sad

昨日書いた内容は、前日楽しいウクレレレッスンがあって、こんな曲を習ったよ~ということでした。そんなに長い日記じゃなかったけど、またあとでゆっくり書き直します。

今日は少し早くハラウに来ました。

朝のクラスはドールキャナリーという場所でやっています。

ご存知の通り、昔はDole社のパイナップル缶詰工場だった場所です。

だから私が今いるカフェテリアをはじめとしてビルの中は今でもこんなちょっとレトロな香りのするパイナップルの絵やのぼりやアクセサリーがいっぱい。

007

ハワイではパイナップルはhospitalityのシンボルだそうですheart04。ここに来るといつもほっとした気持ちになるのはそのせい?happy01

さて、今からまた『保存』ボタンを押します。今度は成功しますように!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ワインとお料理とおしゃべりと

001

昨日は昔の会社で一緒だった仲良しの友人とディナーデートrestaurant

お友達のおうちの近くのとても感じがよくて素敵なビストロに連れて行ってもらいましたhappy01

彼女とは去年3回会ったものの、2回は私のフラを見に来てくれたのとあとの1回は同期会。だからゆっくり2人だけで話したのはとても久しぶり~。

食事のオーダーも忘れちゃうくらい最初からおしゃべりに花が咲いちゃいましたlovely

「ねえ、カクテル好きだったよね?」

「うん、でも最近甘いお酒あんまり飲めないんだ~」

「へー大人になったのねぇwink。」

なんていう会話には2人して大笑い。

しょっちゅう会っていたころの私たちは本当にまだ若くてとてもかわいかったんですよ(オホホhappy02)。

とってもワインに詳しい彼女。ワインのお勉強も兼ねてフランスにも行ったりしているので、そんな話も聞きたくって。写真を見せてもらったりいろいろ教えてもらいました。

ワインいっぱい飲んじゃいましたwine

おいしくて見た目もきれいでかわいらしいお料理もいっぱいいただきました。

003_3

楽しかった~、おいしかった~、しあわせ~。

あぁ、でも今日はちょっと頭痛気味、お友達は大丈夫かなぁ?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

渡し舟かバスか?

バンコックでは宿泊施設から街に出るのに渡し舟と電車を使います。

用事を済ませた帰り道、電車に乗ってふと近くの席を見たら同僚のM氏の姿がbus

電車は車輌の数も多いし夕方の通勤客でかなり混んでいて人もたくさんいるのに、偶然のバッタリにお互いちょっとビックリhappy01

ハワイ出身のM氏は見かけもバリバリのハワイアンですが、今はバンコックに住んでいて現地のことをとてもよく知っています。この日も

「僕は舟をつかわないんだよ~。もうひとつ向こうの駅まで電車に乗って行って、そこからバスに乗るんだよ。」

と教えてくれました。バスは6バーツ(16円くらい)で結構頻繁に来るのだそうです。

舟は本数が少なく1時間に3本しかないのと、チャオプラヤ川の水があまりきれいでないので一般的にはちょっと不人気だったりしますgawk

M氏から「Kananiもバスで帰る?」と親切に誘っていただいて、相当悩んだのですが、実は私は渡し舟とチャオプラヤ川の雰囲気が大好きなので普段通り舟コースを選びました。

018

夕暮れ時の大きな川はとってもきれいです。

小さな舟もたくさん走っているけど、こんな大きな船も来ますwave。ディナークルーズの船でしょうか。派手さがよいねhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外は白い雪ですが

朝まどの外を見たら真っ白snow

今年は本当によく雪が降ります。

寒~いけど、あたたかい部屋の中では見事に咲きました002_2

001

かなりの大輪ですhappy01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

新年快楽

旧正月の元旦、今年は2月14日でした。

私は2月15日の夜台北にいました。飾り付け、さぞかし派手かと期待していたのですが、ホテルの中は意外と地味。

005

昼間の町はよくみれなかったので、よくわかりませんが、家やビルの玄関にはおめでたい言葉が書いてある赤い紙が貼られ、お正月を祝ってる様子がうかがえました。

台湾人の友人に尋ねたら、「新年おめでとう」という言葉には2種類あるそうです。

「新年快楽(シンニェンクワィラ)」は1月1日にも旧正月にも使えるけど、「恭禧發財(ゴンシファーツアイ)」は旧正月のみに使える挨拶だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワークショップいきました

昨日は私が大好きなクムの一人であるKarla Akionaさんのワークショップに参加してきました。

O'ahu、そしてSoft Green Seaの2曲のフラをおしえていただきました。

Karla先生とお会いするのは去年のE Pili Kakou以来です。今回のワーク、あると知ったときからずーと楽しみにしていたんですhappy01heart04

昨日はあいにく雪になりそうなくらい冷たい雨、ハワイからいらした先生はさぞかしお寒かったと思いますrainsnow

でもそんな天気に負けないくらい情熱的でそしてエレガントなKarla先生のフラ。今回もまた圧倒され、そして幸せな気持ちと踊る喜びをいっぱいわけていただきました。

Karla先生の魅力の一つはなんと言ってもあの柔らかくしなやかで美しいハンドモーション。ほんと、あれは芸術です。ただやわらかいだけじゃなくて力も感じさせてくれます。

わたしもあんな風に手を使えるようになりたいなぁlovely、と今もフニャフニャ手を動かしておりますが、なかなかうまくはいきません。

そして、本当にうれしかったのはクラスのあとで「あなたは本当にフラが好きなのよね。踊りを見ていたらわかりますよ。」と言っていただいたことです。先生自身もう52年もフラを続けているけれど人生の中で本当に数少ないいくつかの事柄以外ではフラが一番好きheart01、そしてその数少ない事柄とは家族そして神様なのだそうです。

私もずっとフラが大好きでいたいと思います。死ぬまでずっと今と同じ気持ちでずっと踊り続けていけたらいいなぁ。。。っていつも心の中で密かに思っているつぶやきを今日は文章にしちゃいました~coldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

U.S State Quarters

007

昨日の日記と直接の関係はないけど、アメリカの州つながり~(ってむりやりこじつけちゃいますcoldsweats01)、

ずーと集めていたアメリカ合衆国のstate quarters (州ごとに発行された25セントコイン)

ようやく集まりました~shineジャーン。

001

1999年から2008年まで10年かけて1年に5州分のコインが発行されました。
全部で50種類なのですが、実際にはフィラデルフィアとデンバー2か所の造幣局で製造されていて、微妙でごく小さな違いがあるため100種類ということになります。

発行は州になった順番、一番最初の州はデラウェア州(1787年)、そして最後はハワイ州(1959年)です。コインには各州にちなんだデザインとともに各州のお誕生日の年も書いてあり、眺めていてもとても楽しいですhappy01

006

英語のホームページですが、各州のコインについて説明されている所がありました。
http://www.usmint.gov/mint_Programs/50sq_program/?action=designs_50sq

集めるのに長いことかかりましたが、少しずつアルバムの空きが少なくなっていくのはとても嬉しいものでしたよ。

日本でも最近は都道府県別の切手がありますね。
コインもあるといいのになぁ。
コインなら毎日のお買い物でお釣りをもらったときなど、自然に集まったりします。

切手の方はわざわざ郵便局に買いに行かないとなかなか集まらない気がします。最近切手を貼ったお手紙というものも随分少なくなりましたよね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

Aloha week hula♪

数日遅れの遅~い日記になりましたが、春のように暖かかった9日はウクレレのレッスンでした♪。

Aloha Week Hula♪を新しく教えていただきました。この歌の作者は、Beyond the reefを作ったJack Pitman、作られた年は1959年。そう、ハワイがアメリカの50番目の州になった年です。ちなみにこの歌には”The 50th State Hula”と言う別名もあるそうです。

ハワイがアメリカの50番目の州となったのは、1959年8月21日のこと。去年はハワイ州誕生50周年で、ハワイ各地で様々なイベントが繰り広げられました。さかのぼること61年前の1898年8月12日、ハワイ王国はアメリカに併合されイオラニ宮殿に掲げられていたハワイ王国の国旗は星条旗にとってかわられました。

アメリカの49番目の州はアラスカ州です。アラスカがアメリカの州になったのは1959年1月3日。ハワイ州の誕生日とわずか7カ月少ししか違いません。ちなみにアメリカの48番目の州はアリゾナ州で、こちらが州となった日はかなり古く1912年2月12日です。ずいぶん年数が離れていることからも、飛び地であり民族構成も複雑なアラスカ、ハワイの2地域が州となるのはそう簡単なことではなかったという事実がうかがえます。

実際のところ、ハワイもアラスカも同じ時期に州になる運動をすすめていてどちらも49番目を狙っていたようです。でも結局アラスカが49番目をゲット、ハワイは50番目になりました。でも、きりがよくて悪くないですよねfivezero番目ってhappy01

024_2

ちょっと光っちゃってますが、先日ビショップミュージアムで撮った写真です。ちなみにビショップミュージアムでは、カヒリルームのみフラッシュOK、あとは室内は写真は撮ってもかまわないものの、フラッシュはNGだそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

柏でランチ

20100208160500

今日はお友達と柏でランチをしましたrestaurant

もともとウクレレ教室やライブで知り合ったのですが、お互いのブログを読みあったりコメントしあったりすることも多くて、とっても仲良しで大切な友人です。

そして、今回はなんと、彼女のベイビーとも初対面heart04happy01
それはそれはかわいくて、いつもニコニコしていて、穏やかでおとなしいけど活発で元気なとってもいい子ちゃん。会えてうれしかったですよ~。

さてさて、まずランチを食べたのは高島屋ステーションモールの中にある『奥乃壱丁目壱番地』というレストラン。
http://r.gnavi.co.jp/e493226/

ここは食べ放題のビュッフェ。いろんなものがあります。ただし、制限時間は90分sandclock。たっぷり時間はあったはずなのですが、おしゃべりに花が咲きすぎた私たち、最後の方はかなり焦るはめに。でも、しっかり完食delicious。おいしかったです。残念だったのはデザートまで行きつけなかったことかな。

歩いたら喉もかわいてきたので、次は『ハナオカフェ』でお茶cafe
http://hanaocafe.com/top
古~いお店を改造して作ったハワイアンカフェ、とても雰囲気があり落ち着きます。各種ハワイアンフード、おいしそうだったけど、さすがに今日はおなかがいっぱい。次回は是非トライしてみたいです。

柏は探せばまだまだ楽しい場所がたくさんありそうですねeye。また散策してみたいなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

レッスン日記2月1週(17:00)

更新しないときはずーとしないのに、するときは1日に2つも3つもいっぺんに。あ~ごめんなさいcoldsweats02

こういうレッスン日記は、自分向けの記録&覚書なので、テキトーに読み流しちゃってくださいませcoldsweats01

今回の夕方クラスには、クムが昔々ハワイ大学で教えていた頃のカネクラスの生徒Kahoaalohaさん(男性)が遊びにきてくれました。
Kahoaalohaは大学卒業後、ミシガン州に移り住んだそうです。カナダ国境に近い場所で、今もフラを教えています。ハワイに戻るたびにハラウを訪れてくれるので、私も会うのは3回目。Kahoaが来てくれてクムもとてもうれしそうでしたshine

踊った曲です。

bicycle'Alekoki

bicycleHoloholo Ka'a

bicycleKuhio Beach

bicycleNa pua lei ilima

bicycleWaika

bicycleNani Kauai

bicycleHilo One

bicycleMoku o Keawe

bicycleKaimuki Hula (3番を中心に)

今回は、本当にいろいろと踊りました。

Moku o Keaweを踊るのを見ていたKahoaalohaは目に涙を浮かべてくれ、それを見た私たちもなんだか感動してウルウルしてしまいましたweep
Moku o Keaweの作者の'Emalia Kaihumua はカラカウア王の宮廷ダンサーであり、Hilo Oneに登場するSweet 'Emaliaと同一人物です。王様一行とともにサンフランシスコを訪れた'Emaliaは、ハワイを懐かしく恋しく思いこの美しい歌を作ったそうです。

私個人的には日本のハラウの卒業試験で、初めて自分で振付した思い出の曲です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッスン日記2月1週(10:00)

2月最初のレッスンです。

クムは極寒のシカゴから戻ってきました。元気です!風邪ひいてなくてよかったーhappy01

snowboardKe aloha

snowboardHome Kapaka

snowboardLa'ieikawai

snowboardPo La'ila'i

以上いつものように復習です。

新しく習ったのは

snowboardIpo Hula の1番です。

Lena Machadoさんの明るく楽しいラブソングheart01。夕方5時のクラスで何年か前に習ったものなので、よい復習になります。以前、フラシスターと3人でマリオットホテルでのGenoa Keaweさんのショーに行き、踊らせていたいだいた思い出の曲です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bishop Museum

069

久しぶりにBishop Museumに行ってきました。

しばらく前までハワイアンホールが改装工事中でしたが、完成して立派になっていました。

一日中館内ツアーやガーデンツアー、プラネタリウムのツアーなどがあり、どれもとっても面白いんです。

次々と参加しているとあっという間に1日が過ぎてしまいます。

一番興味があるのは、やはりハワイの歴史や文化を紹介しているハワイアンホールですが、今回はサイエンス・アドベンチャー・センターっていう建物も見学してみました。

066

高温の窯の中で溶岩を溶かす実験を見せてくれました。

なかなか迫力ありますよ。

068

流れた溶岩が固まったものです。黒いガラスみたいな感じでした。

でもこの博物館で私が一番好きなのは庭を散歩して植物を眺めることです。

072

パンの木の実、少しずつ大きくなってきました。

075

ハラの実は、木の実としての役目を果たしだんだん終わりになってきました。

078

種ができるタイプのカンナ、アリイポエなど、いろいろな植物がみられます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Manuela Boy

ひとつ前に書いたショーで演奏され、歌われていて印象的だった曲の一つが『Manuela Boy』です。

ハワイアンのライブではしょっちゅう歌われているような気がするけど、CD録音されているものはウクレレやギター演奏のみのインストルメンタルが多いみたい。意外と歌っている人は少ないように感じます。

でも、この歌なんといっても歌詞が楽しい!Manuela BoyとPapa、Mama、Brother, Sister, Haunani Ho(Manuela boyが好きな女の子)などが登場し、いろいろな楽しくてかつちょっと意味不明なストーリーがくりひろげられます。英語で歌われているHapa Haoleだけど、ハワイ語の単語がちりばめられていたり、なまった英語が入っていたり、典型的なコロヘソングです。

作ったのはJohnny Noble、 『My little grass shack in Kealakekua Hawai'i』なんかも書いた人でしたよね。

歌詞にはいろんなバラエティーがあるみたいだけど、なんといっても一番面白いのは、最後の2バース

I want to marry this wahine I know
Her name is Haunani Ho
I told my papa and he said no
Haunani is your sister but your mama don't know

 この娘と結婚したいんだ~heart01
  彼女の名前はHaunani Ho
  パパに話したらダメだって
   実はHaunaniお前の妹、でもママには内緒だよ

えー、これは大変ですwobbly。でもさらに物語にはさらにオチが…

I told my mama what my papa had said
She said no hilahila
You can marry Haunani Ho
Your papa's not your papa but your papa don't know

  ママにそのことを話したら
  問題ないわ、大丈夫!
  あなたはHaunani Hoと結婚できる
  だってパパはあなたのパパじゃないもん、秘密だよ!

あちゃー、すごいですhappy02。先日のショーでもまわりにいた人たちはみんなこれを聞いてケラケラ笑っていました。

ちなみにPekeloは『Manawela Boy』というタイトルでこの歌を歌っています。詩は彼のオリジナルです。Pekeloさんの声は牧歌的でおおらかな感じがしていつ聴いてもよいです~shinehorsewave

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »