« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

世界一の観覧車

シンガポールに久しぶりに来ました。

あまり頻繁には来ない場所なのですが、ここのところ来るたびに目にして、とても気になっていたものがありますheart04。。。

これで~す↓

098_2

2008年2月にできた世界一の観覧車『Singapore Flyer』cd。故・黒川紀章さんのデザインだそうです。

今日はいいチャンスなので早起きして歩いて行ってきました。

044 045 048

途中こんなきれいな花もいろいろ見れましたよ。プルメリア、ゴールデンシャワー、スパイダーリリー、なんだかハワイを思わせますheart02

Singapore Flyerに到着。ゴンドラも結構大きいんですよ。ちなみに料金29ドル50セントかかります(シンガポールドルです)。

057 064 066

一周は約30分。解説をきいて、素晴らしい景色を眺めているとあっという間に最高地点までのぼりつめました。165メートル、ビルの45階くらいの高さだそうです。

077

とても面白くよい経験になりました。シンガポールに行く機会がある方。是非おすすめします。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

そして今日はもう一つ初体験だったことが。。。

099

日本でも結構おなじみのDr. Fishです。ちなみに上の写真のモデルは私ではありませんのでご安心くださいねcoldsweats01

水槽の中にいるのは、Garra rufa(ガラ ルファ)というコイ科の魚でトルコ原産ですが、人の角質をついばんで食べてくれるんです。Fish spaではふつう膝から下を水槽に入れ、お掃除してもらいますspafoot。歯がないので痛くはないのですが、ちょっとくすぐったくて微電流が流れているかのような錯覚にもとらわれます。

群がる魚に足をついばまれると、人によっては気持ち悪いと思うかも。でも私は大丈夫でした。あの感触、結構好きかもしれませんcoldsweats01。今日はDr. Fish達から約30分ほどのトリートメントを受けました。気のせいか足が少しすべすべになった気がします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Prince Kuhio Day

今日は、先日のウクレレレッスンで教えていただいたKu'u Home 'o Keaukahaの練習をしていたのですが、途中ふと手帳に目をとめてあることに気付きました。
あ、ビックリflair。今日3月26日は偶然にもPrince Kuhio Dayでしたthreetwosix

Prince Kuhio Dayは、Prince Jonah Kuhio Kalaniana'ole(1871-1922) の誕生日で、ハワイのステートホリデイになっています。

ビックリの理由なのですが、Ku'u Home 'o Keaukahaは偶然にもHomestead 法可決に尽力をつくしたプリンスクヒオ(Kalaniana'ole)への感謝の歌だったからです。Homestead法(Hawaiian Homes Commission Act)の可決で、ネイティブハワイアン固有の土地のいくつかは再びハワイアンの手に戻り、再び先祖の土地にすむことができるようになりました。ですから、プリンスクヒオは大変尊敬されているようです。

クヒオビーチのすぐそばには立派なPrince Kuhioの像がありますよね。

L

この象からもなんとなくわかりますが、顔立ちのはっきりしたなかなかダンディーなお顔をされています。小さい頃はまるでキューピットのようにかわいらしくて、プリンスになられてからもずっと「Prince Cupid」というニックネームで呼ばれることがあったそうですよheart01

Prince Kuhioはカウアイ島の出身で、Kaumuali'iの血をひき、お母さんとKing Kalakauaの奥様であるKapi'olani王妃は姉妹でした。ご両親がなくなったときKapi'olaniが彼を養子にし、大切に育てられます。もちろんKalakauaにもかわいがられ、King Kalakaua誕生とともにPrinceとなりました。

このKu'u Home 'o Keaukaha以外でも同じ理由でプリンスクヒオに感謝をささげて書かれた歌には、Nanakuliがあります。ちなみに同じNanakuliというタイトルで全く違う歌があるので、ご注意ください。こちらのNanakuliは、Vickie I'i rodriguesの作で、Tony Conjugation のNa Hula PunaheleというCDに入っています。

長い間ハワイ州を代表する議員さんとして、アメリカ国会で活躍されたこの方、もしもハワイ王国が続いていたら、きっと王様になられていたことでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウクレレレッスン

今日は冷たい雨で、真冬のように寒い1日でしたね。

ときどき暖かくて春らしい1日もあるもののまた冬に戻ったり。なかなスムーズに季節が移ってくれません。今日のように寒い日は重ね着して服が重いので肩がこっちゃいますwobbly

あ~早く春服が着たいなぁcherryblossombleah

でも今日はポカポカと心も体もトロピカルにあたたまりそうな楽しいウクレレレッスンがありました。

前回の続きのSoft Green Sea と今日からKu'u Home o Keaukahaを教えていただきました。

一応プライベートレッスンしていただいているので、先生にあれがやりたい!これを教えてください!とお願いするとそれを教えてくださるんです。自分の好きな曲が習えるなんて本当に恵まれたことですよね。

やりたい曲の入ったCDやMDを持っていくと、先生はそれを聞いてあっという間にコードを割り出してくださいます。。これは私にとっては本当にミラクルshine。そんなことができたら、どんなに人生楽しいだろうっていつも思います。私も今度生まれてきたらそういう才能がほしい!、でも来世でもきっと私には無理でしょうhappy02。あはは。

Soft Green Sea もKu'u Home o KeaukahaもNa Leo Pilimehanaのバージョンを使いました。
以前はそれほどでもなかったのですが、最近Na Leo がちょっとしたマイブームになっています。

中でも今一番気に入っているのがHawaiian Memoriesというちょっと古いCDです(2002年発売)。

Naleocover8

家族や生まれた場所への愛情や感謝の念がテーマになったCDのようで、突然お父さんや息子さんが歌いだしたりして、さわやかで楽しい1枚です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Lunalilo Home

昨日は横浜の実家に行ってきました。

普段なら片道2時間かからないのですが、昨日はさすがに道路が混んでましたね~。3時間以上かかってしまいました。

それでもドライブは大好きです。運転は上手じゃないけど楽しいですhappy01heart04。それでも混んだ道で長時間は疲れた~。

今年はなんだかんだと結構実家にに帰っているのですが、そのたびに両親が年取ったなぁって思います。。。

まぁ、その分自分も年を重ねているのも事実なんですけれどもねcoldsweats01

老人問題は日本だけではなくて、外国でも大きな問題ですよね。ちょっと古い話ですがハワイの老人問題の救世主はこちらの方。

Lunalilo_small_160

ハワイ王国弟6代国王のWilliam Charles Lunalilo王様です。

ハワイでは1795年くらいから1872年まで、カメハメハ1世から5世の統治が続きました。カメハメハ5世は後継ぎを指定しないまま亡くなったので、次の王様は国民の選挙にて選ばれることになり、1973年ルナリロ王が誕生しました。

心優しいルナリロ王、国民からも大人気でハワイアンの人々からはLokomaika'iと呼ばれたそうです。ハートがとてもnice な方だったのですねheart01

王様が自分の財産を投げうって作ったのが元祖ハワイの老人ホームhouse、ルナリロホームです。このルナリロホーム、長い年月がった今でも現存し、老人ホームとして大活躍だそうです。

ルナリロホームについてもっと詳しく知りたい方はhttp://www.lunalilo.org/lunalilohome.php
をご覧ください。

しかし、このルナリロ王、大変残念なことに在位わずか1年と25日で結核のためにこの世を去られます。

ハワイアンソングにAlekokiという歌があります。ルナリロ王はプリンス時代、カメハメハ4世と5世の妹であるPrincess Victoria Kamamaluと恋に落ちますが、兄たちに反対され成就しませんでした。Alekokiはそんなプリンス・ルナリロの悲しい気持ちが歌われています。

もしもPrince LunaliloとPrincess Kamamaluが結婚していて後継ぎがお生まれだったら、その後のハワイはどうなっていたのでしょうね。また違う形になっていたのかもしれません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Dottieさん、Rayさん、どうぞ安らかに

Merrie Monarch Festival の創始者のひとりのであり、長年メリーモナークやハワイ文化の継承に尽力を尽くされたDottie Thompsonさん(Aunty Dottie)が、3月19日ハワイ島Hiloにてお亡くなりになりました。88歳でした。

http://www.hawaii247.org/2010/03/19/dottie-thompson-merrie-monarch-matriarch-dies-at-88/

そしてそれから24時間もたたず、Hiloの有名なクムフラRay Fonsecaさん(Rae Kahiki Fonseca)がオアフ島Ko'olinaにて亡くなりました。56歳でした。

http://www.hawaii247.org/2010/03/20/kumu-hula-ray-fonseca-dies-at-56-on-oahu/

Rayさんは、Lei O Kanikuhonua Hula Festivalでのパフォーマンス直後倒れ、亡くなったそうです。死因は心臓発作と言われています。

Ray先生は以前私が教えたいただいていた日本の先生、ハラウとも深く関係していて、私も大変お世話になりました。Ray先生自らハラウに足を運んでくださり、ワークショップをしてくださったり、一緒に食事をさせていただいたり、楽しくお話をしたり。楽しく貴重な思い出がたくさんあります。

しかし、私にとって一番印象に残っているのは、まだフラをはじめて2年目くらいの頃、ハワイ島のワークショップツアーに参加したときのことです。Ray先生のワークショップでNa Kuahiwi Elimaを教えていただいたのですが、情けないことに全然踊れず、覚えられず、まさに惨敗でしたpunch。さすがにその時はショックでしばらく心に力が入らなかったのですが、Ray先生にいろいろフォローしていただいたせいもあり、その後益々がんばろうという気持ちになりました。私が、今もこうしてフラを楽しみ、フラを愛していられて、少々嫌なことがあっても耐えられるのはあの時のRay先生のワークショップがバネになっているとずっと思っています。

Ray先生は心優しく、非常にすぐれたKumu Hulaで、Merrie Monarchでも長年にわたり高成績を残しました。生徒たちや周りの人たちを愛し、みんなから愛されていました。しかしその人生は良いことばかりではなく、drug問題、交通事故など様々なことがあったことも確かです。。良いことも悪いことも凝縮された人生でしたね。あまりにも早すぎる突然な死で、とても悲しく残念ですが、Ray先生らしい一生だったような気もします。

偶然にもDottieさんもRayさんも去年お亡くなりになったUncle George Naopeと非常に関係の深いお2人です。多分今頃は3人そろって、歌ったり踊ったり手を叩いて喜んだりして楽しんでいらっしゃるような気がしてなりません。Dottieさん、Rayさん、そしてUncle Georgeも、安らかにお休みください…というよりは、どうぞ天国に手安らかに第二のハワイアンライフをエンジョイしてください。ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パレード2つ

047

ここのところ立て続けに何本か仕事をしてくるんくるんと飛んでおりましたtyphoon

ちょっとだけ疲れたけれど、ラッキーなことにその間にWaikikiのKalakaua Streetで2つのパレードと遭遇することができましたhappy01

一つ目は3月14日に行われたHonolulu Festivalのパレードです。
毎年3月に行われるHonolulu Festivalは、日本をはじめ環太平洋諸国とハワイとの間の文化やスポーツの交流を目的としています。いろいろな催しがあるのですが、毎年フィナーレを飾るのがこのパレードです。

046

048

ダイナミックな山車や元気に練り歩くみなさん、スケールの大きなパレードでしたhappy01

                :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

                   :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

そして2つ目は3月17日のSt. Patric's Day のパレードですclub。この日はもともとアイルランドの祝日で、アイルランドにキリスト教を広めたSt. Patricの命日だそうです。

064

今では世界各都市でパレードが行われていて日本でも原宿で行われているそうです。別名「緑の日」。緑の服を着ていたり、緑のものを身につけていないと、ツネられちゃうそうですので、ご注意ご注意happy02

062

ハワイでのパレードなので、アメリカの星条旗とハワイの国旗、そしてもちろんアイルランドの国旗です。

079

おなじみトローリーもこの日はグリーンで飾りつけ。かわいいですねclub

| | コメント (12) | トラックバック (0)

レッスン日記(3月2週)

001

日に日に春めいてきました。カランコエ・ウェンディ、今年もこんなにかわいらしい花をつけました。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

3月第2週のフラレッスンです。

10:00クラス
☆Ke ala o ka Rose
☆Ipo Hula

17:00カヒコクラス
☆I Mauna Lahilahi

今週は珍しく少ない曲をミッチリという内容でした。Ipo Hula と I Mauna Lahilahiは、一応無事終了です。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

ウクレレレッスン

今日はウクレレレッスンでしたhappy01

私がフラを初めて間もなく買ったMy first ukuleleはLunaというブランドでした。

随分と愛用したつもりなのですが、もう使わなくなったので父にあげて、その後ずっと実家に置いてありました。今回はそれを持ち帰り先生に弦の張りかえの仕方を教えていただきました。

原理は難しくないのですが、きれいに巻くには結構コツが要ります。不器用な私は一苦労coldsweats02

でも無事完成。このウクレレはまた実家に持っていくことにします。帰ったときにウクレレがあると嬉しいのでnote

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

レッスンで今日教えていただいたのは、前回からの続きのAloha Week HulaとO'ahu、そして新しくSoft Green Seaでした。

O'ahuはTraditional songなのですが、ミュージシャンでありクムフラでもあるTony Conjugationは歌の師でもあるVickei I'i Rodoriguesさん(1912-1987、クムフラ、ミュージシャン)からこの歌を教えてもらったそうです。Aunty Vickieのお嬢様の一人はハワイの有名なシンガーであるNina Keali'iwahamanaさんですね。

このO'ahuという歌、Manoa、Waikiki、Nu'uanu、Makikiなどオアフ島の各地をシンプルな言葉で表現した本当にきれいな曲です。でもレコーディングしている歌手はあまりいないようで、私が知っている限りではTony Conjugationだけのように思います(ほかにもいるかもしれないけれど…)。

この曲は詩も曲も本当に美しく、自分にとって大切で身近なオアフを題材としたもののせいか、情景が目の前にふんわりとに浮かんでくるようです。私はウクレレも歌も下手なのですが、こんな時はウクレレ弾きながら歌っているとなんだか気持よ~く幸せな気持ちになってきます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

レッスン日記(3月1週)

ハラウレッスンで何を踊ったかの記録です。ちょっと遅くなりましたが先週の水曜日の分です。

10:00クラス

baseballKe Aloha
baseballKu'u hoa
baseballHaleiwa hula
baseballNani Venuse
baseballA little grass shack in Kealakekua in Hawaii
baseballSoft green sea
baseballPuamana
baseballA song of old Hawaii
baseballIpo Hula

復習ばかりですが、今日も次から次へといろいろ踊りました。

17:00クラス。この17:00クラスは以前はカヒコとアウアナ両方やっていたのですが、場所が変わり使える時間が短くなったので今は1週間ごとにカヒコとアウアナどちらかを練習しています。今週はアウアナデイでした。

tennisKu'u ipo o ke aumoe
tennisWaika
tennisMoku o Keawe
tennisNani na pali hauliuli o na Ko'olau
tennisKuhio Beach
tennisNa pua lei ilima
tennisHonolulu
tennisKaimuki Hula

今使っている会場は残念ながら窓がなく外が見えません。でも、練習中に雨粒が地面に当たる音がよく聞こえました。かなりの量の雨が降ったようですが、練習後はやんでいて、こんなにきれいな雲が見えました。

017

1月の事故で車がつぶれてしまったので、クムは黒いHONDAの大型車をゲットしたようですrvcar

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マラサダ?

先日、ハワイの友人からジップロックに入ったとても美味しそうなポップコーンをもらいましたhappy01

お礼を言ってそのままバッグに入れました。

あとでバッグの中をふと見て一瞬ビックリ。

あれ、私どうしてピカケ(ジャスミン)の花のレイを持っているんだろう?

大間違いcoldsweats01。でも、ピカケの真っ白くて少しだけベージュがかかった色や、ふんわりとまぁるい形はポップコーンと何となく似ています。

そうだ、ピカケのレイが手にいはいらないとき、ポップコーンを糸に通してレイにしちゃおうかsign02

ブーthunder。却下ですね、やっぱりthink

2つの共通点は、どちらもいいにおいがする、ということで(かなり無理やりか)。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

そうそう、ポップコーンをくれた友人もオリンピックでスケート中継を楽しんだそうです。

「日本のマラサダ選手の演技は素晴らしいわ!!」

「えっマラサダ???」

マラサダなんていう選手日本にいたっけ?

   (参考)マラサダとは:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%B5%E3%83%80

あーわかった、浅田真央ちゃんだ!!

まお・あさだ→まぉぁさーだ→まるさーだ→マラサダ

なるほどflair

共通点は、どちらもみんなが大好きということでいかがでしょうhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

短く長い旅でした

2年半ぶりにWashington DCに行ってきました。

行きは仕事でしたが、 臨時要員だったので、帰りはお客さんとして帰れることに。

せっかくの機会、ちょっと冒険してハワイ経由で帰ることにしました。

日本からのフライトが発着するWashington Dulles 空港(IAD)はダウンタウンから少し遠くて1時間弱かかります。ですから今回は国内線用の空港Ronald Ragan Airport(DCA)へ。ダウンタウンからタクシーで15分くらいで到着です。

006_2

DCAからシカゴへA319という飛行機で。わずか1時間38分の短い旅でしたが時差はしっかり1時間あります。

008

シカゴからホノルルは8時間以上かかります。今の時期のホノルル→成田と同じくらいの時間でしょうか。長いフライトです。時差も4時間。アメリカは本当に広いですね。

009

大陸を横断し海を越えホノルルに到着したとたん周りのお客様は「Wow!  Here’s paradise!!」という歓声があがりました。みんなとっても嬉しそうだしさすがにノリが違います。寒い場所から来たので喜びひとしおでしょう。

個人的にアメリカ本土内で飛行機の乗り継ぎをしたのは初めての経験、ちょっとドキドキの長く短い旅、でも考えていた以上にスムーズに進みました。あ~くせになりそう、チャンスがあったらまたやりたいです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »