« Dottieさん、Rayさん、どうぞ安らかに | トップページ | ウクレレレッスン »

Lunalilo Home

昨日は横浜の実家に行ってきました。

普段なら片道2時間かからないのですが、昨日はさすがに道路が混んでましたね~。3時間以上かかってしまいました。

それでもドライブは大好きです。運転は上手じゃないけど楽しいですhappy01heart04。それでも混んだ道で長時間は疲れた~。

今年はなんだかんだと結構実家にに帰っているのですが、そのたびに両親が年取ったなぁって思います。。。

まぁ、その分自分も年を重ねているのも事実なんですけれどもねcoldsweats01

老人問題は日本だけではなくて、外国でも大きな問題ですよね。ちょっと古い話ですがハワイの老人問題の救世主はこちらの方。

Lunalilo_small_160

ハワイ王国弟6代国王のWilliam Charles Lunalilo王様です。

ハワイでは1795年くらいから1872年まで、カメハメハ1世から5世の統治が続きました。カメハメハ5世は後継ぎを指定しないまま亡くなったので、次の王様は国民の選挙にて選ばれることになり、1973年ルナリロ王が誕生しました。

心優しいルナリロ王、国民からも大人気でハワイアンの人々からはLokomaika'iと呼ばれたそうです。ハートがとてもnice な方だったのですねheart01

王様が自分の財産を投げうって作ったのが元祖ハワイの老人ホームhouse、ルナリロホームです。このルナリロホーム、長い年月がった今でも現存し、老人ホームとして大活躍だそうです。

ルナリロホームについてもっと詳しく知りたい方はhttp://www.lunalilo.org/lunalilohome.php
をご覧ください。

しかし、このルナリロ王、大変残念なことに在位わずか1年と25日で結核のためにこの世を去られます。

ハワイアンソングにAlekokiという歌があります。ルナリロ王はプリンス時代、カメハメハ4世と5世の妹であるPrincess Victoria Kamamaluと恋に落ちますが、兄たちに反対され成就しませんでした。Alekokiはそんなプリンス・ルナリロの悲しい気持ちが歌われています。

もしもPrince LunaliloとPrincess Kamamaluが結婚していて後継ぎがお生まれだったら、その後のハワイはどうなっていたのでしょうね。また違う形になっていたのかもしれません。

|

« Dottieさん、Rayさん、どうぞ安らかに | トップページ | ウクレレレッスン »

コメント

いつも勉強になりますeyeglass ルナリロ王、多くの人に愛された王様なのに病気で在位わずか一年とは…weep当時のハワイの人々はたいそう残念に思ったことでしょうcloud
Alekokiという曲は知らないのだけど、Haole Hulaの冒頭"notesOh when I hearnote the strains of that sweet Alekoki--note"に出てくるね。もしやそのAlekokiがこのAlekoki?!flair そういうことがわかってくるとおもしろいね~happy01

投稿: 郁丸 | 2010年3月25日 (木) 10時05分

毎年クリスマスデーに行っているルナリロホームにそんな歴史があったは!
知りませんでした。
本当にKananiちゃんのブログはためになるねぇ~。
今週は水曜日に行かなかったの?


投稿: Kalae | 2010年3月25日 (木) 17時16分

郁ちゃん、

ほんとですね。せっかく選挙で国民から選ばれたのに、本人も国民もどんなに残念だったか。

そして、そうだよね。Haole Hulaにも出てくるね。まさしくそのAlekokiです。うちのハラウ、なぜか昔からHaole Hulaをよく踊るので、この曲も、師匠にお願いして教えてもらったうちの一つでしたhappy01

投稿: Kanani | 2010年3月25日 (木) 21時56分

Kalaeちゃん、

Kalaeちゃんたちのハラウ、ルナリロホームで踊っているのね。今度どんなとこだか教えてhappy01

今週は父の誕生日だったことと、土曜日からのシンガがどうしてもトレードできず、水曜のホノルルフライトはあきらめました。

投稿: Kanani | 2010年3月25日 (木) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507363/47883152

この記事へのトラックバック一覧です: Lunalilo Home:

« Dottieさん、Rayさん、どうぞ安らかに | トップページ | ウクレレレッスン »