« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

坂田が池公園

実は話すと長いので割愛しますが、愛する父と大好きな叔父さん(よいしょよいしょhappy01)、2人のおかげでこのたび一眼レフユーザーとなりました。

まだ使い方もよくわからず、カメラにおまかせなのですが、いつか必ず使いこなせるようになろうと心に決めました。公言してしまいましたがはたして有言実行できるのでしょうかcoldsweats01

さてさて、今日は天気もよいので洗濯物を干した後、近所の坂田が池公園にカメラかついで出かけてきました。

051_2

この坂田が池公園、全然有名ではないと思うのですが、私は隠れた名所だと信じています。とにかく気持ちいいですよ。一人でのんびりお散歩もいいし、家族連れでも楽しいですよ。皆様もチャンスがあったらぜひいらしてくださいね。きっとリラックスできると思います。

056_2

水生植物園です。

081_4  

吊り橋なんかもあって、ここはどこ?という感じ

112_2

100_2  

096_2

お花もいろいろ咲いていました。アジサイの木がたくさんあるので、もうあと少ししたらまたきれいなお花を咲かせるに違いありません。楽しみです!

086_2 バーベキューもできますよ。この風景何だかちょっとハワイの公園に似ているかなと感じてしまいました。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

クムと東京へ

到着後、急いで家に帰り、着替えてからまた急いで出かけ、駅でクムと待ち合わせして東京へ行きました。クムがときどき教えている生徒さんがいらっしゃるのです。

今回、生徒さん達のリクエストにこたえてクムが教えてくれたのは『Kealoha』という曲。

これは有名なLei Collins とMaddy LamのKe alohaではなくてAkoni Malakas作詞作曲のほうです。

この曲をやると聞いたときも、少し意外だったのですが、振付を見てビックリ。うちのクムのカラーも出てはいるのですが、かなり斬新!

ハワイのハラウで教えてくれる踊りはいつもとてもトラディショナルで、クムの師であるAnty Maikiのフラをそのまま伝えてくれます。でも日本ではちょっと遊び心も出しているようです。とりあえず日本で教えているクムとハワイのクムを見られるのは私だけなので、ちょっと役得でしょうかwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Kikala nui

今回ホノルルからの帰り道、パーサーはうちのクム、そのほか私を含めて3人のhula sistersが一緒に仕事をしてきました。おまけに会社の所属基地はは香港でホノルル在住のhula sisterまで香港へ戻るためにお客さんとして乗っていました。

これってハラウフライトheart04?さすがにここまで何人も揃うのは珍しいので何だか気分がうきうき、とても楽しいフライトでした。

いつも優しく楽しいY先輩とは同じキャビンで働きました。狭い場所なのでときどき身体がぶつかったりするのですが、そのたびにお互いの口から出る言葉は「キカラヌイ!happy01」。Kikala nuiとは大きなお尻という意味で、昨日から習い始めたMauna Loaという歌に出てきます。Mauna Loa はハワイ諸島の間を行き来していた船の名前ですが、文字通りとるとKikala nuiはマウナロア号のことを言っています。この日「Kikala nui」というフレーズはYさんと私のマイブームな言葉になってしまいました。

クムは私たちを食べ物で釣ろうとしているのか(笑)、タロパイ(タロイモの餡子入りのパイ…写真のです)巨大なコーン寿司(いなりずし)とかマンゴーとかいろいろな物を持ってきてくれますcoldsweats01。クムに"It's you who make me Kikala Nui"と言ったら「まだ飛行機の通路にKikalaがひっかからないから大丈夫good」と変ななぐさめ方をされました。いやぁさすがにそれはちょっとまずいでしょbomb

004

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ふれプラで練習

002_2

私が住んでいる栄町の施設ふれあいプラザの多目的ホールを借りてフラの練習をしてきました。

大きな鏡がついた広~いお部屋で、一人で使うのはもったいないくらいです。

それでも街の施設だからお値段もお手頃。だから、何か大きなイベントの前には必ずお世話になっています。

あいにくの雨で5月にしては寒い1日でしたが、いろんなサークルの皆さんがいろんな部屋を利用しているようでした。

多目的ホールも各種サークルがよく利用していて、平日はいつもいっぱいなのですが、日曜日の午後は比較的すいているようです。

また次もお世話になるのは日曜日かなぁwink。贅沢なようですが、自宅ではなかなか思い切り動ける場所もないし、こういった施設は本当に助かります。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

レッスン日記5月3周

5月19日のレッスン日記です。

クムが留守のため、朝のレッスンはお休みでした。

午後5時のクラスは、アシスタントのクム、Kaleoが来てレッスンしてくださり、カヒコナンバーのいくつかの復習をしました。Kaleoはいつも一つ一つの動きを分析して丁寧に教えてくださり、助かります。インスピレーションいっぱいのクムエドとはまた違った魅力があります。

最近はこの2曲の歌もよく歌います。

noteQueen's Prayer
     Lili'uokalani女王がIolani Palaceに幽閉されていた1895年3月、女王の後継者とされていたPrincess Victoria Ka'iulaniのために書いた歌で、讃美歌にもなっています。

noteDoxology (Ho'onani ka makua mau)
     こちらも讃美歌(doology,頌栄)として有名で、日本でもよく歌われています(あ~めぇ~つぅち、こぞりてぇ~♪っていうあれです)。もともとはイギリス人のThomas Kenが1674年に作詞をした歌ですが、Hiram Binghamがハワイ語に訳しました。ハワイでは何かまじめなイベントがあるとよくこの歌がうたわれるようです。Doxologyにはほかにもいくつかるのに、ハワイではこればっかり。なぜでしょね。

うちのハラウでもウニキの儀式で泊りこんだときや、遠足に行って食事をする前には必ずこのDoxologyを歌います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Maile探しにチャイナタウン

水曜日はフラのレッスンの日。でも今日はクムがいなくて、朝のレッスンはお休みでした。

たまにこんな水曜日があるととても嬉しく感じます。だって、眠れるんだもの。

シャワーを気持ちよく浴びて、ベッドに吸い込まれるあの快感。徹夜仕事のあとに眠れるということは本当に幸せなことです。

本当はもっと寝ていたかったのですが、ちょっと無理して、3時間だけ寝て昼過ぎには起きました。

バスに乗ってチャイナタウンへお出かけ。チャイナタウンにはレイを売っているお店がたくさんあります。今回の目的は6月のハワイアンライブに使うマイレのレイを予約することです。

いつも利用するお店に入り、6月3日にマイレのレイをピックアップしたい旨を話すと、お店の人はちょっと困り顔。

「う~ん、マイレはねぇ、入るかどうかちょっと微妙なので、約束はできないわ。予約はとらないのよ。一応前日に電話してみてちょうだい」。

去年の11月は何の問題もなく予約もできたし、きれいなマイレをすんなりと手に入れることができたのですが。季節的な問題でしょうか、それともハワイも卒業シーズンだからマイレのレイが不足しているのかもしれません。

一応ほかの店も5件くらいまわってみたのですが、どこもマイレの予約は取らないとのこと。

あ~残念、望みを捨てたわけではないのですが、今回は生のマイレはちょっと使えそうにありません。何かほかの方法を考えるとしましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウクレレレッスン

20100517170340

5月2回目のウクレレレッスンでした。

今回は先生にお願いしいつもの我孫子校から足をのばし、アロハファーム校の日に予約を入れていただきました。

アロハファーム校までは少し遠いのですが、気分はワクワクドキドキ!夢にまで見たアロハファームですshine
残念ながらそこには憧れの羊やヤギや極上の牛はいなかったものの、きれいに丁寧に手入れされたとても素敵な畑がありました。

さっそくお借りしたのがこの鍬です。あ~本物の農場仕事してみたーい。でも、限られたレッスン時間です、ウクレレをとるか鍬を取るかそれが問題だ~!!

ま、とりあえず、ウクレレから始めることに。

まず前回の続き『Na pua ao i Hawai'i』から、そして今回から『Ka leo ku'u lehua』を教えていただくことにしました。最近の私を癒してくれるとても優しい曲です。あまり有名な曲ではないので今回はyoutubeでご紹介。

優しいメロディーなんだけど、紐といてみると歌詞は結構内容が濃厚みたい。うん、さっすがハワイアンですcoldsweats01

いろいろ教えてもらっていたら、あっという間に時間がたち、陽も落ちかけてファーム作業をする時間がなくなりましたweep。あ~残念だわぁ、鍬ちゃん、次のチャンスまで私を待っていてくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Karlaさん、ワークショップ

Kumu Karla Akionaのワークショップに出かけました。

「次は5月に来るわよ!」と2月のワークの時おっしゃっていたので、カレンダーにしるしをつけてずっとこの日を心待ちいしていた私ですheart04

いつも教えてもらっている私のクムは年配の男性で、Karla先生は女性、フラのライン(系図みたいなの)も違うし雰囲気はかなり違います。もちろんどちらも素晴らしいのですが、違った世界を見ることは私にとって非常に刺激的です。

自分もAunty MaikiからウニキしたあとAunty Ka'uiやほかのクム達にも師事していたせいか、「おまえはどこででも踊ってきなさい、誰に習ってきてもいいよ」と快く私を泳がせてくれる自分のクムにはいつでも大感謝です。

さて、今回教えていただいたのは、カヒコの『Ke iho la ka makani』、アウアナの『Hanohano Ollinda』そして『Aloha 'ia 'o Wai'anae』です。

Karla先生によると「私のハラウではカヒコのときは、決して笑いません」とのこと。私が所属しているハラウでは逆で、もちろん曲の内容にもよりますが、ほとんどの場合カヒコでも優しいスマイルを浮かべます。だから、今回もカヒコクラスでは自分だけニコニコ笑ってしまわないかとちょっと不安でしたcoldsweats01。フラの世界全体からみると、むしろカヒコでは笑わないことのほうが多いのだとは思います。

先生は、人数の少ないクラスでは一人一人、気付いたことを優しく的確に教えてくださいます。そしていつも書くように印象的なのはやはりハンドムーブメントや視線、身体の動きの美しさ。もちろん表情もとてもきれい。あー素敵、盗みたいって思いじーと見るけどやっぱりあんなに素敵にはできませんshine

午前10時から始まって、3曲終わったら午後5時、もちろん休み時間はあるのですが、集中する時間がながくて疲れた~wobbly。あ~でも本当に楽しく充実した1日でした。教えてくださったKarla先生は、きっともっともっとお疲れかと思います。本当にありがとうございました。次回もぜひ参加したいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Happy Wedding!

042

今日5月15日は会社のクラスメート、あっちゃんの結婚式でした。

とても感動的な式と楽しくセンスのよい披露宴、幸せのおすそわけをいっぱいいただき、今とてもハッピーな気持ちです。

029

新郎新婦2人の明るく優しい性格を証明するように、これまた明るくやさしい雰囲気のゲストがあつまったのでしょうか、とてもハートフルな披露宴となりましたheart02。司会は私たちの同僚であり、プロの司会者、通訳そしてミディアムの鹿島晃さんです。まわりの人すべてに気を配りながら楽しい雰囲気をかもしだし、見事な手際ですすめられる司会には本当に大拍手です。

新婦あっちゃんは音大でクラシックピアノを勉強した人です。披露宴の余興も彼女のお友達のピアノあり声楽あり、もちろんどれもプロ並みの贅沢なパフォーマンスでとても楽しませていただきました。

僭越ながら私もフラを踊らせていただきました。Keep your eyes on the handsとKe kali nei au(Hawaiian Wedding Song)の2曲です。

075

Keep your eyesの方は、新郎、新郎のご友人お2人リ、そして司会の晃さんにも参加していただき、楽しい曲がますます楽しいものになったように思いますhappy01。協力してくださった皆さんに大感謝heart04

新婚のお2人、どうぞいつまでもお幸せにねheart04

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ウクレレレッスン

4月の後半からずっと多忙な日が続き、昨日は久々のウクレレレッスンでしたnote

教えていただいたのは、前回に引き続いて師匠である永野亜紀さんオリジナル曲『Na Pua ao i Hawai'i』です。

気持ちが弾んでしまうように明るくさわやかなこの歌、私の中でこの歌のイメージは今の季節、初夏ですclover

実際ウクレレ弾きながら歌うと難しい個所がいっぱいあって冷や汗~coldsweats02。まぁいつものことですが。

でも今回のレッスンでは、先生が一緒にギターやピアノをを弾いてくださいました。とても楽しいレッスン、これもいつものことですねshine

そしてレッスンの最後には、先生のピアノ弾き語りのサービス付き。スペシャルプライベートライブみたいでとてもラッキーな気分です。

レッスンは月2回なのですが、私のスケジュールの都合で次回はもう来週です。

さて、今度は何を教えていただこうかな~happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

メルシー券

すぐ前の日記で先日渋谷へ行ったことを書きましたticket

以前は私にとって身近な街だった渋谷ですが、最近は本当にご無沙汰。
駅周辺をちょっとだけゆっくり歩いたのは一体何年ぶりでしょう。

街の様子は随分と変わっていましたが、以前と同じ場所に以前と同じなつかしい店を見つけたりすると、本当にうれしい気持ちになります。たとえば…、

heart西村(フルーツパーラー)を見つけて、久々にフルーツパフェが食べたくなった

heart中間、期末試験が終わると必ず立ち寄ったサーティーワンアイスクリームがまだ同じ場所にあった

あらら、なんかアイスクリーム系ばっかりですねcoldsweats01

逆に目に見えるものの中で変わったものとして、一番印象的なのは、プラネタリウムがあった東急文化会館が無くなったことでしょうか。

そして、別に渋谷だけに限ったことではないし、ご存じだった方にとってはもう古い話なのですが、私にとっては本当にビックリだったことが。
それは伊東屋のメルシー券が終了したこと!
東急東横店の伊東屋に入って掲示文を見て、はじめて知りました。

http://bizmakoto.jp/bizid/articles/0810/29/news114.html

あらあら、もう1年以上前に発行は無くなってメルシーカードになっていたのですね。
私気付くのが遅すぎcoldsweats02

これも時代の流れだし、メルシーカードの方が便利な点が多そうです。
でも、何だかちょっとさびしい…というか不思議な気持ちです。
私にとって伊東屋=メルシー券っていうイメージだったので。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Ka Nani O Hawaiiを見ました

先日、ハワイアンミュージシャンのKalae Miles(ニックネームBobo)から「ヤッター、ついに日本に行けるよ~!!」というとても嬉しいお知らせがありました。

彼は今は西海岸に引っ越してしまったのですが、以前私と同じハラウで踊っていたMy hula brother です。今までに2枚のCDをリリースしています。

Hoopono_advance_order_632008_kalae_

Kalaeは以前Tokyo Disneylandで働いていたこともあり、日本が大好き。声が思い切り弾んでいるのも無理はありません。

そして、昨日はいよいよ彼がパフォームするハワイアンコンサート『Ka nani o Hawaii』を見に渋谷Bunkamuraのオーチャードホールへ出かけてきました。

『Ka nani o Hawaii』のテーマは、ハワイの歴史を創世神話クムリポの時代から現代までを短時間で物語ってしまうという壮大なもので、出演もAureana Tseu、Kaumakaiwa Lopaka Kanaka'ole、西海岸の有名タヒチアンチームNonosina Anaheimの実力派ダンサー達など、非常に豪華。そんな中で、My hula brotherのBoboくんがウクレレを弾きながらトラディショナルからハパハオレまでいろんな種類のハワイアンソングを堂々と歌いあげる姿を見て、とても誇らしく感じました。

もちろんAureanaの美しいフラやLopakaのチャントは期待を裏切ることなく楽しめたし、Nonosinaの斬新なダンスは本当に興味深かったです。

最後は楽屋でパチリcamera

006_3 

Boboくん、お疲れ様でした~shine。ご招待、どうもありがとう!また日本に来てね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »