« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

バンコックのパンの木

バンコックでいつも泊っている宿泊場所に大きなパンの木が3本、

026_2

以前からずっと気になる木だったのですが、今回初めて近くに行って写真を撮りました。

027 

パンの木はクワ科に属し、英語ではBreadfruit、ハワイ語では'ulu。

まあるい大きな実は食用にもなり、実と葉の形がかわいらしく美しいのでハワイアンキルトのモチーフによくつかわれます。『成長』『豊穣』『繁栄』などの意味もありハワイでも日本でもファンが多い木ですheart04

以前に2度、パンの実を食べました。1度目はマウイのファーマーズマーケットで見つけ、2度目はオアフのカイムキにある八百屋さんでゲット。蒸し焼きにするのは難しかったので、ホテルの部屋の電子レンジで料理しましたが、ふかしたサツマイモみたいな味がしてなかなかおいしかったです。

今、この木には実がありませんでした。常夏のタイではいつの季節に実がなるのでしょうか。とても気になります。またここに来たら観察してみようかと思います。

それともう一つ発見したのは、

028

これはタイ版のティアレですよね。ハワイで時々目にするティアレや、エアタヒチヌイの尾翼に描かれているものhttp://www.airtahitinui.co.jp/とは違って花びらのカールの仕方に特徴があります。こちらではティアレもなんだかオリエンタルな雰囲気ですね。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

ピュアすぎて寒さに弱い

ピュアすぎて寒さに弱いのね

本当に寒い1日でしたね。つい先日までビーサンにノースリーブという季節感が全くない私でしたが、突然セーターとブーツ姿に変身しました。いくらなんでも~と思いますが、寒さに弱くてcoldsweats01

さて、こちらの写真ですが、この夏サンフランシスコの空港で買ったもので、Fijiという名前のOrganic Virgin coconut Oilです。

私の好きなレモンバームの香りがするので、夜寝る前にネイルオイルやハンドクリームの代わりに使ったりしています。

今日も使おうと思って容器の蓋をとり、逆さにして、オイルがトロ~と出てくるのを期待したのですが、出てきません。ボトルを振ってみても何も出てこないんです。

不思議に思い蓋を全部開けて覗いてみると、なんとオイルがしっかりと固まって白くなていましたcoldsweats02。えー、いくら寒いとは言えまだ真冬でもないし10度以上はあるでしょう。なぜ???

しかし、説明書きを読んでみて納得しました。
「Organic coconut oilは華氏76度・摂氏24度以下では固まります。しっかりキャップをして、お湯につけて溶かしてから使ってください」

24度以下で固まってしまうんですね。ちょっとビックリ。ピュアすぎて寒さに弱いんだわ~coldsweats01

| | コメント (9) | トラックバック (0)

ウクレレレッスン

昨日はウクレレレッスン(10月2回目)でしたnote

かなり言い訳ですが、前回のレッスンからまだ日も浅く、また少し長めの仕事に出かけていて十分に練習もできず、歌いながら弾くのはとても無理という状態。そしてまた言い訳ですが、『hula』というタイトルのこの曲、歌もストロークもとても難しいんですcoldsweats02。あ~でもとても気に入っているこの曲、できるようになったらさぞかし楽しいんだろうな。次までに出来るようにがんばります。

少し時間があまったので、ちょっとお遊び感覚でNa Kuahiwi elimaを先生に合わせていただきましたhappy01。以前少しだけこのブログにも書いたのですが、私のフラ人生に大きな影響を与えたのがこの歌です。って、ちょっと大げさなので、さかのぼって読んで探したりしないでくださいね(笑)。

今日は買い物に行ったついでにカメラ屋さんをのぞいたら、とてもかわいらしいストラップがあったので購入しました。薄いグリーンに白いレースで清楚な少女風(ってあなたいったいいくつ?って言われそう)。ハワイの草原っていう感じ、Ke 'ala o ka rose に出てくるモロカイ島の草原を思い出しちゃうhorse。もちろんKe 'ala o ka roseにはカメラをぶら下げた少女なんか出てきませんよねcoldsweats01

家に帰って早速出してみたら、なんとこれが短いんですweep。私はななめがけが好きなのでこれは使えません。よく長さを確認してから購入するべきでした。首からかけるスタイルなら使えますが、私の一眼レフはかなり重いし、私は何を隠そう首がとても弱いので、負担がかかるのです。でももったいないので、どなたか使ってくださるという方がいたら、差し上げたいと思いますので、連絡ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ho'ike 2010 Ho'ola'au

618_2

今年の10月はとても楽しみなイベントが目いっぱいたくさん詰まった月でした。

そんな楽しみなイベントの最後を飾ったのが、このホイケ。こちらのハラウのお名前はとても長いんですよね、

The Ladies of Halau Ka Waikahe Lani Malie and The Men of Halau Kahulaliwai

男性と女性で名前が違うんですね。どちらもとても素敵なお名前。Blain Kamalani Kia先生の日本校です。こちらでは日ごろから仲良くしてもらっている友人が何人か活躍しているのでどうしても見に行きたかった。でも、スケジュール調整がうまくいかず、当日(それもホイケが始まるくらいの時刻にランディング)に台北から帰ってくることになってしまいました。

そんなわけで一部のカヒコには間に合わず、見ることができませんでした。後から見たプログラムによると、オープニングのDressing ceremonyから始まり、ペレやカメハメハのセグメントに分かれた本格的な構成、最後のHula Ma'iに続いているとても興味深いもので、見られなかったことがとても残念です。

でも楽しく明るく生きいきしたアウアナはほとんど見ることができました。こちらのハラウの皆さんの踊りはのびのびと大らか、時に活発、時にエレガントで見ていてとても気持ちがよいです。私がこんなことを言うのは生意気なのですが、クムであるブレインさんが故ダリル・ルペヌイさんとフランク・ヒューイットさんのお2人からフラを勉強されたという事実がとてもよくわかるような気がします。ハワイの文化であるフラの伝統が師から生徒へ受け継がれていくのは本当に素晴らしいことです。

皆さんとても素敵な表情でたくさんのフラを踊ってくださいました。練習はもちろん、その他の準備もさぞかし大変だったことでしょうね。お疲れ様でした。また次回を楽しみにしていますね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ウクレレレッスン

今日はウクレレレッスン、10月1回目、でした。

今日のレッスン曲はまず最初に前回から教えていただいている"Kapilimehana"という曲。Ho'okena のマヌ・ボイドさんが作った明るく軽快なラブソングですshine。歌詞に単語がメいっぱいつまっていてかなり早口言葉状態happy02。それでもこの歌大好きです。最初にレコーディングしたのはBrothers of Cazimero。最近はLorna Limさんがかわいく元気に歌っています。

そして今回から教えていただいたのは"Hula"という曲です。Kapilimehanaもそれほど有名な曲ではないのですが、この"Hula"はかなりマニアックな曲です。歌っているのはNoelani Mahoeさん。Noelaniさんは長いこと音楽やフラの先生をしていた方であり、かつミュージシャン。特にハワイで1970年に出版されたNa Mele o Hawai'i Nei(101 Hawaiian songs)の著者の一人として有名ですよね。

この"Hula"という歌ですが、Mary Kawena Pukuiさんが作詞をしたのは1951年でなのに、Noelaniさんが作曲したのは1987年でなんと36年も後のこと。これはなぜかというと、1987年は"the year of Hawaiian"という年だったらしいのですが、Noelaniさんはこれを記念したイベントか何かで使う曲を探しており、 PukuiさんのHanai daughterであるPat Namaka Bakonさんに「お母さまの作品で何か使っていいものないかしら?」と尋ねたところ、1951年に書かれた歌詞を渡され「これどうぞ。でも歌詞はあなたが作ってね」と言われたそうです。

マニアックすぎてyouTubeにもなさそうで残念です。特徴のある曲とノエラニさんのドスの効いた歌い方が妙にマッチしています。興味がある方はiTune storeで試聴してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

awapuhi

035

うちで今年初めてのジンジャーの花が咲きました。ジンジャーはハワイ語ではawapuhi。awapuhiの花をいっぱい使って作ったレイは少し遠くにいても感じることができるくらいしっかりとした香しさがあります。

日本のジンジャーの花は、ハワイのよりは少し香りが弱いけれど、それでもとてもすがすがしい優しい香りです。

ジンジャーの花言葉は「豊かな心」「信頼」「慕われる愛」。花びらの中のほうに少し薄い黄色が混じっている白い花。繊細だけどどこかに凛とした強さも感じます。もしも今心に何か不安を感じている人がいるなら、この花を贈りたいと思います。

036

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山本圭美(まみ)さんライブ

20101016200337

10月16日、この数ヶ月間この日をとても楽しみにしていました。

山本圭美(まみ)さんのJazzライブです。

Jazzだけじゃなくっていろいろなジャンルの歌を聞かせてくださいました。

彼女の声はとてもとてもパワフル、優しくときにアンニュイしかもメロディアス。私の心は酔いしれてしまいました。まみさん、かっこいい!同じ女性として本当に憧れます。

どうぞこれからもあなたの大好きな歌をずっと歌い続けてください。あなたの実力とそしてそのみずみずしい感性で私たちに感動をいっぱい与えてください。

まみさんがWappa Gappaというグループのメンバーでもあります。Wappa Gappaの最新CDを買ってみました。

Img_3   

こちらはプログレッシブロックという分野だそうです。これまでCDを3枚リリースしているそうですが、2枚目はiTune Storeでも購入できるそうです。試聴もできますので、是非聴いてみてください。日本よりも外国で注目されているグループなんですって。すごいなぁ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッスン日記10月第2週

10:00クラス

bellMakee 'ailana

bellKe 'ala o ka Rose

bellPua 'ahihi

bellKe Aloha

17:00(カヒコ)クラス

heart01Kalakaua

heart01No Lualailua

いろいろ書こうと思ったことがあったのですが、何日もたってからこの日記を書いているので、忘れてしましたcoldsweats02。その日のうちにその日の日記を書くのは普通の人にとっては当たり前なのでしょうが、私にとってはとても難しいことです。ごめんなさいcoldsweats02。なんでできないのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Naneapualani School of Hula Ho'ike 2010

2010年10月10日、101010ときれいに揃ったこの日は、心のフラシスターNaneapualaniさん主催のNaneapualani School fo Hulaの10周年記念ホイケでした。

274

お手伝いという名目で毎回参加させていただいている私、今年はプルメリア係と受付をさせていただきました。この写真はプルメリアの花に糸を通して髪かざりを作っているところです。私たちが作った髪飾りが皆さんの頭に飾られ、フラを踊っていただけると思うととてもうれしく光栄な気持ちです。

314

受付係の皆さんです。
私も受付だったのですが結構人手は足りているということだったので、もっぱら写真を撮らせていただいていましたcameracoldsweats01

さて、いよいよ本番が始まります。こちらのホイケはいつもおごそかな雰囲気のカヒコから。一部はすべてカヒコです。Kumu KawaikapuokalaniやNaneapualani先生のチャント、パフドラム、イプに合わせて皆さんがたくさんの素晴らしいトラディショナルフラをたくさん見せてくださいました。

396_2

2部3部は楽しく素敵なアウアナです。クムカワイカプオカラニとナネアプアラニ先生のKu'u Hoa

652

皆さんの素晴らしいフラの数々。ドレスもどれもとても素敵です。

508

563

611 612

すぐ上の2枚の写真のドレスはこの10年間のホイケで皆さんが着た思い出のドレスの数々だそうです。色どりがとてもきれいで、まるで舞台にきれいなお花がいっぱい咲いているようでした。

677_2

バンドの皆さんの息もぴったり!素晴らしい演奏を聞かせてくださいましたnote

843

クラスごとに手作りしたプレゼントのレイをいっぱいもらって大感激のNaneapualani先生、客席の私たちまで感動をわけていただきましたheart04

毎回みせていただくたびに大きな感動をいただくこちらのHo'ikeです。そして毎回パワーアップしてますます素晴らしくなっていくのを感じます。ご参加の皆さん、練習や準備にさぞかしお忙しく、そして大変な努力をされたことでしょう。本当にお疲れ様でした。そして素晴らしいHo'ikeを見せてくださり、ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

花牛

仙台に行った目的は、心のフラシスターheart01Naneapualaniさんが主宰するフラスクールNaneapualani School of Hulaの10周年記念発表会のためでした。

そして発表会とは別に私にはもう一つ楽しみなことが。。。

それは中一の頃からの仲良しEbiちゃんとの再会です。私たちは長~く深~いお付き合いなのですが、今回は2年ぶり、美しく住みよい杜の都仙台をこよなく愛するEbiちゃん、彼女とご家族の皆さんが仙台の人となってもうずいぶんと長い年月がたちました。

仙台駅の改札口で一足先に仙台入りしていたもう一人の心のフラシスターNaneaちゃんと再会、車で迎えに来てくれたEbiちゃんと合流、とてもおしゃれな仙台牛のお店『花牛』につれていってもらいました。

http://www.hanagyu.net/

225

228_2 

229

お肉、柔らかくてジューシーで美味しい!。しかもこちらのお店、全席個室で雰囲気がとても素敵です。3人の心も会話もはずみましたhappy01。また是非行ってみたいなぁ。

235

3人で記念撮影してみましたcamera。とても楽しかった~heart04。Ebiちゃん、Naneaちゃん、どうもありがとう。そうだ、私たち3人ともフラが大好きだから新しいユニットでも結成しましょうか。ハワイ語で食べるはkaukauだから名前は『カウカウ・シスターズ』なんてどうでしょう?3人だから『カウカウカウ・シスターズ』かな?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

シングインメサイヤ♪

208

イベントの多い季節ですね。この週末は私もいくつかのイベントに行ってきました。まず9日土曜日は「シングインメサイヤ」の演奏会のため、市ヶ谷ルーテル教会へ足を運びましたnote

このシングインメサイヤは、ヘンデルの名曲メサイヤを舞台上の合唱団の皆さんとともに客席にいる人も一緒に歌うことができる演奏会です。もちろん、指揮もオーケストラもソリストの皆さんも舞台上の皆さんの歌も超一流。特に今年は高校時代の同級生川瀬さんが、テノールのソリストを務められ、何人もの友人が舞台で歌ってくださるので、この日をずっと楽しみにしていた私です。

実は大きな声では言えないのですが、私も高校時代は聖歌隊という部活(?)のメンバーで、ほぼ毎日メサイヤの練習をしていました。今ではメサイヤを歌うことはないのですが、1年に1度、当時使っていた古びた赤い表紙の楽譜をバッグに入れ、皆さんの合唱を楽しみにルーテル教会へ足を運んでいます。何カ月も厳しい練習を重ねて舞台に立った友人たちのおかげで、私も今でも少しだけメサイヤとつながりを持っていられ、幸せな気持ちをみんなから分けてもらっているのですheart04。出演された皆さん、お疲れ様でした。今年も私に楽しいひと時と感動を与えてくださりどうもありがとうhappy01

さて、今年私が座った席なのですが、指揮者が指揮される様子がよくみられる場所でした。身体全体を使い指揮される姿は大変たくましいのですが、同時に顔の表情や手の柔らかい動きにも目が釘付けになってしまった私です。こんなことを言っては失礼なのかもしれませんが、指揮者の方って良いフラダンサーにもなれそうですよねcoldsweats01。音感、リズム感、expression、しなやかさ、そして強靭な体力、どれをとっても完璧。そしてこれらの要素ってフラダンサーにとっても必要なことです。いろんなものを見たり聞いたりするって勉強になりますね。

こうしてメサイヤの感動をいっぱいいただいた私は、新幹線に乗るために上野に移動しました~bullettrain

| | コメント (4) | トラックバック (0)

フラ同窓会

358

楽しみにしていたフラ同窓会!行ってきました。

集まった仲間は、1994、1995、1996年にお教室に入った5人、そしてもちろん大好きな先生。そうそう5人のうちの一人は去年それはそれはかわいらしい双子の女の子のママになっていまして、その2人も一緒にきてくれましたheart04

みんなでランチをいただいたり、おしゃべりしたり、写真を見たり。でも一番盛り上がったのは昔のお宝ビデオですmovie。自分たちの映像を見るのは恥ずかしいのですが、あまりにも昔のもの過ぎて何だかおかしいcoldsweats01。動きがまだフラになっていない感じですが、みんなで一生懸命頑張っている姿が見てとれました。

トロピカル風のこのお花は5人からのプレゼントです。Hawaiiのプレート素敵ですね。残念ながらこれは私たちからではありません。

またときどきみんなで集まりましょうねheart01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

18周年メモリアル・ウィーク

352

私が以前8年間お世話になり、フラやハワイアンカルチャーを基礎からしっかりと叩き込んでいただいたHalau o Lehuamakanoe森フラスタジオが設立18周年を迎えました。10月4日まで成田市内(ニュータウン)の米屋ギャラリーにて、「18周年メモリアル・ウィーク」の展示やフラショーが行われています。

私は、明日4日、フラシスターたちとの同窓会を兼ねて伺うはずでしたが、待ちきれなくてついついフライングcoldsweats01、昨日10月2日にもお邪魔してしまいました。

私の顔を見るなり、優しく強くhugしてくださった先生、卒業生とは言えど教室を離れている今でも変わらず大きな愛を注いでくださる先生には本当にいつも感謝です。以前もどこかに書いたかもしれませんがでも何度でも書きたいと思います。先生なしでは、今も昔も私のフラ人生は考えられません。その優しさと強さと美しさと気高さフラやハワイに対する情熱はいつまでも私の憧れです。

さてさて、会場にはたくさんの展示物や懐かしい写真、昔着た衣装、お宝ビデオなどがいっぱいhappy01。見ていて、嬉しいような恥ずかしいような。きっと明日の同窓会もこんな展示物で盛り上がるのだろうなと思います。

会場についてまず目に入ったのはこの赤いバッグ。

324

これは私がまだ在校中にSig Zaneさんで購入した布を使って作り先生にプレゼントしたものです。

舞台に飾ってくださっているハワイアンキルトは私が卒業記念に製作したものです。

328

自分が作ったものまで展示してくださり、何だかとっても感激してしまいましたweep

在校生の皆さんのフラもいっぱい見せていただきました。皆さん、一人一人がとっても上手な上にぴったりと揃っていて本当に素晴らしいんです。感心してしまいました。 写真もいっぱい撮らせていただいて、ここにアップしたいのはやまやまですが、やめておきます。

いろいろと刺激が多いイベントでした。明日もまたフラシスターや先生と一緒にはじける1日になりそうhappy01。とても楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

レッスン日記9月第4週

すぐ前の日記の続きになりますが、この日(9月29日)は、結局いつも出席している朝10時のクラスには間に合いませんでした。

ハラウに到着した時点ですでに11時45分、普通の人ならあきらめて帰るのでしょうが、私はわりかししつっこいのでcoldsweats01普段は出ていない11時のクラスに15分だけ出させていただくことにしました。

この日クムが教えていたフラはThe Prayer、セリーヌディオンのバージョンが有名かと思いますが、ハワイでは英語とハワイ語のバージョンがHo'okenaのCDに収録されています。曲もおごそかで清らかですが、歌詞の内容がとても美しく、聞いているだけで心が洗われ癒されるようです。

11時クラスにいるフラシスターのKehauは、11月に結婚しますbell。この曲はそのフラシスターからのリクエスト。ハワイの結婚式では花嫁がフラを踊ることがよくあるようです。Kehauはこの曲が大好きなので、クムに特別にお願いして振付してもらったんですってhappy01。自分の結婚式に、自分のためにクムに振りつけてもらった大好きな曲を踊るnote。あ~なんて素晴らしいこと。Kehauちゃん、どうぞいつまでもお幸せにねheart04

Ho'okena Versionを貼り付けたかったのですが、いずれもどなたかのフラが入ってしまっているので、セリーヌディオンのを貼り付けさせてください。

夕方5時のクラスにはちゃんと間に合いましたよ!。この日はカヒコでした。

cloverNo Lualailua

本当のことを言うと、予定では今頃私たちは、マウイへハラウ旅行しているはずでした。この曲はマウイのシスターハラウのクムやフラシスターの前で披露するはずのものだったのですが、残念ながら今回の旅行はご招待くださった方のご都合でキャンセルとなりました。でも近い将来またマウイへのハラウ旅行が実現するときのために練習を重ねていきたいと思います。

cloverKalakaua

とても有名なこのカヒコナンバーですが、Kala'auと呼ばれる2本の木の棒の楽器を使いながら踊るバージョンを習い始めました。どんな楽器でもそうですが、慣れるまでは結構面倒です。でも何度か練習していたら結構楽しく踊れそうな気持になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バス乗り間違えた

失敗しました~。

この間の水曜日、朝のフラのクラスに行くためにバスに乗ることにしました。

迎えに来てくれる友人のご主人が急病になってしまい突然来られなくなってしまったんです。でも、まだ時間もたっぷりあったし、バスでも十分間に合う時間。私はバスが大好きだし、結構得意。。。なはずでした。

クヒオ通りのバス停で待っていたら、急行バスが来ました。名前はCountry Express E Ewa Beach。島の西のほうにあるエバビーチまでかなり長距離を走っていくバスです。Expressだけど、たまに通過する停留所があるくらいで大丈夫なはず。。。でした。

し・か・し。。。

あれれ、チャイナタウンを過ぎたバスはいつもとちょっと違うルートを走っていきます。そしてなんとバスはハイウェイに入ってしまいました。

あ、やばい。ハイウェイに入っちゃった。仕方がないから次の停留所で下りて、タクシーに乗ろうかな。

し・か・し。。。

バスはハイウェイから下りません、そして停車する気配、まったくなしでガンガン走ります。

そのうち右手にビショップミュージアムが見え、左側に空港を通り越し、そしてさらに左側にはアロハスタジアムが見えてきてしまいました。こりゃやばいよ~。

バスはさらに走り続け、ハイウェイを下りたのは大型アウトレットのあるワイケレでした。

う~ん、もうここからではタクシーでは戻れません。タクシーに乗ったら破産します(←破産はちょっとオーバーですかね)。
しかたないから、通りを渡って反対側のバス停でワイキキに戻るバスを待つことにしました。

し・か・し。。。

バスが来ないよ~。

路線的にもそう頻繁に来るバスではないんですよね。待つこと20分。もうどんなにがんばっても、クラスにでることはできません。いっそのことワイケレで買い物でもして遊んじゃおうかなぁ。。そんな悪魔のささやきも聞こえてきました。ダメダメ、そんな誘惑に負けては。せっかく来たのだから次のクラスでもいいから参加して行こう!とようやく来たバスに乗り込みました。

結局、次に停まった停留所(チャイナタウンです)で下りて、そこからはタクシーに乗りました。こんなことならワイキキからタクシーに乗れば良かったなぁ。
そして、私はハワイのTheBusが大好きで、結構路線も知っている。。なんて過信していたことを大いに反省しました。

次回からは乗りなれないバスに乗る時は運転手さんに「○○に停まりますか?」と確かめてから乗り込むようにいたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »