« 貝の博物館 | トップページ | ワルツ »

振りつけてみる

一番最初にフラの曲を1曲丸ごと振付したのは、以前お世話になっていた日本のハラウの卒業試験の時でした。選んだ曲はHe Aloha Moku o Keawe。
カラカウア王の宮廷ダンサーだった作者、Emalia Kaihumuaがサンフランシスコを訪れたとき、その寒さになじめず、ハワイを思い出し、恋しく思って作った歌です。

この歌を選んだ理由は、もちろんこの曲が好きだったから。でもその他に、その当時仕事での滞在先の中で圧倒的に多かったのがサンフランシスコだったこと、そして正直に言うとこの曲にカオナ(裏の意味です)がなかったことが大きいです。カオナの振りつけは今でも本当に難しいです。

次に振付したのは、Rain Tuahine o Manoaという歌。そのハラウを卒業したすぐ後にあったホイケでソロで踊らせていただくために作りました。もともとはもっと古い歌ですが、Wa'ahilaというコンピレーションアルバムの中でRobert Cazimeroさんが歌っています。マノアのTuahine Rain、花々、そしてそんな花の中でたわむれるミツスイ鳥たち。そんな抒情的かつヴィジュアル感抜群の歌詞が、美しく爽やかで優しいメロディーととてもよくマッチしています。当時この歌が大好きで大好きで、しばらくずっとこの歌に恋している状態でしたheart01。もちろん今でも大好きですよ~。

その後も時折振付して、何曲くらいになったのでしょう。そんなには多くないです。10曲くらいかな。もう少しあるかなぁ。何かきっかけがないとなかなかやりません。そんなきっかけを作ってくれる人や出来事にはいつでも感謝の気持ちでいっぱいです。
振りつけなくちゃ…って思うときはちょっと苦しいけど、でも本当に楽しい瞬間。結構好きみたいですね、振付するって。才能ないから時間かかるし、退屈な振りかもしれないけど、でも好きなんですよね、やっぱり。

|

« 貝の博物館 | トップページ | ワルツ »

コメント

オリジナルの振り付けもするんですか!!すごーい。おなじ曲でもいろんな振り付けがあるのね、程度の知識しかない私なので、素直に感激してしまいました。すてきー!

投稿: fukuboo | 2011年7月30日 (土) 00時29分

fukubooさん、

どうもありがとうheart04。fukubooちゃんのその素直な感動が私の新たな機動力になりますshine。また何か振りつけてみますね。

投稿: Kanani | 2011年7月30日 (土) 08時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507363/52339874

この記事へのトラックバック一覧です: 振りつけてみる:

« 貝の博物館 | トップページ | ワルツ »