« 木彫りあざ | トップページ | 紙ヤスリでなめらかに »

Pahuを見せ合う

フラシスター達とPahuのデザインを見せ合う機会がありました。私たちのアイドルである唯一のフラブラザーhappy01は残念ながらその日欠席でした。

みんなのベイビーPahuちゃん達の集合写真、あるのですが、さすがにここに載せるのはやめておきます。まだ全員作成途中ではあるものの、みんな素晴らしいデザインです。一緒に生えていた3本のココナッツツリーから作られたPahuなのに、デザインによって随分と印象が変わりますね。

shineどうしてそのデザインを決めたのか…

shineどうしてその名前(Pahuの名前です)にしたのか…

みんなの話を興味深く聞きました。フラシスターそれぞれの個性が出てましたよhappy01

クム・カレオからはデザインの彫り方をこうしたらいいんじゃない?というアイディアを一人ひとりいただきました。ずっと学校の先生をしていたクムは楽器作りの専門家ではないのですが、過去にいくつものPahuを作ってきたのでとても詳しいのです。クムからいただいたアイディアで私のレフアもさらにレフアらしくなりそうな気がしてきました。

中身をくりぬいて、手で持ち上げられるほどの軽さになった私のPahu。フラシスター達は「Kanani、もう日本に持ち帰って残りの作業ができるんじゃない?」と言ってくれました。でも実はクム・エドからは「完成するまではハワイで作りなさい」という指示が出ているのです。はっきりした理由は聞いていませんが、多分作った場所のマナ(スピリット)がやどるのでしょうね。もちろん日本にもマナはあるけれど、このPahuには今のところはハワイのマナが必要なようです。

|

« 木彫りあざ | トップページ | 紙ヤスリでなめらかに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507363/53956211

この記事へのトラックバック一覧です: Pahuを見せ合う:

« 木彫りあざ | トップページ | 紙ヤスリでなめらかに »