« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

音楽食堂 Mugenでのライブ

昨日29日は三軒茶屋にある音楽食堂Mugenさんで行われたHonuaiakeaさんのライブで踊らせていただきました。

初めてのお店はいつでも期待と不安でいっぱい。ロケーションも雰囲気もとても素敵な場所でした。お店にいらしたお2人、オーナーさんでしょうか、よくわからなくて申し訳ないのですが、お2人ともミュージシャン風。でもとても優しく気さくな感じのよい方でした。

お客様もいっぱいでものすごく盛り上がりました。素敵なフラをたくさん見せていただいたり、ウクレレ演奏しながら歌を歌ってくださったり、本当に楽しかったです。あといつも写真を撮ってくださるSさん、写真とてもうれしいです。ありがとうございます。

Honuさんも相変わらずのりのりで、まったく休憩なしで3時間歌い続けたのにはビックリ。本当にパワフルな体育会系ミュージシャンですね。いったい何曲歌われたのでしょう。はい、私もまたたくさん踊りました。やっぱり私も体育会系ダンサーかもしれません(笑)。

実は帰りの電車の中で居眠りしてしまい乗り過ごしましたcoldsweats02。でも無事帰れました。あ~よかったcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キルトで優しく包みます

Dsc_0312

このハワイアンキルト、私が作りました。プルメリアのデザイン。作ったのはもう10年以上も前のこと、パターンを切ってもらったの当時カイムキにあったハワイアンキルトショップ。そのお店、今はもうありません。

最近は全然やっていません。今でもまだキルトに手を出したい気持ちはあるのですが、手が回らないし、多分その時期ではないのでしょうね。

このキルトですが、部屋に飾ろうってずーと思っていたのですが、10年以上その機会はなく、ずっとしまったままcoldsweats01

そして今ようやくこのキルトを使おうと思います。Pahu を包んで保護するためです。このキルトにくるんで、車輪付きのバッグに入れて運ぶ予定です。

バッグはワイキキのInternational Market Placeで、ピッタリの大きさのものを見つけましたflair。フラシスター達にも紹介したら、みんなも便利だねっ、これで運ぶと楽だねって使い始めました。アロハスタジアムでやっているスワップミートでも売っているそうです。みんなで色違い、柄違い。バッグの集合写真がなくって残念だけど、みんなでお揃いはなんだかとても楽しいですhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ウクレレレッスンとドーナッツと文房具

金曜日にウクレレレッスンでした~♪。今回は久しぶりにNちゃんと一緒にレッスンですhappy01

いつもの場所が使えないので、今回は別の場所で行いますとお昼くらいにAki先生から連絡がありました。

で、私達2人がその場所に着いてしばらくしたら、先生から電話が。。。「道に迷っちゃったよ~」とのこと。あらま、この場所は先生のアジトと思っていましたよ。「今周りに何が見えますか?」って聞くと「田んぼと住宅地」っていうお答え。そ、それは難しい…、このあたり、田んぼと住宅地は当たり前の景色なんですよhappy02

でもその後先生も無事到着。そして何と先生からドーナツの差し入れですcake。うわ~やったね、うれしい!!

20120420142346

写真を撮ろうとしたら、なぜか顔を隠す先生。そう大きな声では言えないけれど、ここは持ち込み禁止の場所なんですって。

でもウクレレレッスンの時って、毎回必ず何かしら食べ物があるような気がします。これは私の時だけでしょうか?でもウクレレに食べ物ってすごく相性がいい感じがしませんか。ハワイアンの人たちも楽器弾いたりしながらいつも美味しそうに何か食べてる感じ(笑)。

それにしても驚いたのはお2人の食べるスピードです。私が3分の1も食べない間に、亜紀先生は1個目完食(何て男らしい)。逆にNちゃんはレッスン終盤に差し掛かってもまだ1個目が終わっていないhappy01(Nちゃん、女の子らしくて本当うらやましいなぁ)。

そして、もう一つ驚いたのは2人が揃って相当の文房具フェチだっていう事実です。2人とも直径2ミリもある巨大芯を使うシャープペンシルを愛用していたり(すごく書きやすいんだそうです)、筆箱くらい大きいケースに入った換え芯だとか専用の2ミリ芯削りを持っていたり、いやはや感心しました。私も文房具は好きなほうですが、2人にはかないません。よーし、私も負けずに今度巨大芯を使うシャープペンシル探しに行こうっとhappy01

肝心のLesson曲ですが、Ku'ulei Awapuhiでした。難しい~coldsweats02。1番しかない短い曲なのに何だかとっても長い曲みたいな気がしました。でもとっても素敵ないい曲ですね。久しぶりにHapaのCDを取り出して聞いてみようと思いました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

しばしのお別れ

先日出来上がったことをお知らせした赤いlei hulu(フェザーレイ)ですが、今はもう私の手元にはありません。

10月のウニキのときクムが私につけてくださるものなので、クムにお預けしました。

Lei huluちゃん、しばらくお別れ。秋にはまた笑顔で会いたいなぁhappy01。それまでクムのもとでのんびり休んでいてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Farmers' market のパイナップル

Dsc_0452_2

KCC (カピオラニコミュニティーカレッジ)で毎週土曜日の朝、Farmers' marketが開かれています。

ワイキキから歩いて行ったのでおなかすいちゃって、まず写真のお店でGreen Fried Tomatoを食べました。赤くなる前のまだグリーンのトマトに衣をつけて揚げたもの。なかなか美味です。

ここに来た目的は、Dried Pineappleを買うこと。私はアメブロであんまり文章を書かないことを目的とした(笑)写真ブログをやっています。

http://ameblo.jp/kanani-kalehua-orange/

この美味しいパイナップルは、そちらでお友達になった知的で聡明しかも超cuteなフラガール、Amanaちゃんからの情報ですheart04happy01

ファーマーズマーケットはすごくにぎわっています。

Dsc_0451_2

旅行会社のトローリーでたくさんのお客さんが簡単に来れるようになったようですbus。よかったね。

お店もたくさん、パイナップルショップが見つかるかと一瞬不安になりましたが、でも大丈夫。お店の旗が目立っていて、たくさんのパイナップルが並んでいたので簡単にわかりました。

お目当てのDried Pinappleを見つけたので、試食させてもらいました。美味しい〜。ドライなのにジューシーで自然な優しい甘さです。

こちらのショップのURL

ブログ

そしてこの方が看板娘でブログを書いていらっしゃる腰子さんですvirgo


Dsc_0454

想像通りとってもジューシーな美人でおいしそうな方happy01

私はDried Pinappleを5袋ゲットし、またおなかがすいたので腰子さんが薦めてくださったピザとジンジャーエールを購入。これがまた激ウマ。またファーマーズマーケットに行きたくなりましたよ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

できちゃった!(フェザーレイですよ〜)

Dsc_0302

フェザーレイですが、思ったよりも早くできちゃいました。

いつもそうなのですが、フェザーレイを作るときは前の準備が割に面倒です。

毛をバラバラにして、枕カバーに入れて水スプレーで濡らして乾燥機で乾かします。そうすると毛がふんわりとします。

でも私はまずこれが嫌い。毛が飛び散るし、例えば赤いフェザーだと乾燥機の中が赤く染まってしまったりしますcoldsweats02。この乾燥機の汚れはその後古いバスタオルを水で濡らして乾燥機にかけるときれいに取れますけれどもね。

そして、その後のフェザーのカット。カット作業自体はいやじゃないのですが、やっぱり毛が飛び散ってくしゃみがーcoldsweats02

いやはや、でも前準備が嫌だなんて言ってても仕方がないですよね。それもフェザーレイメイキングの一部です。

編み始めたら本当に楽しくって止まらなくってheart04。クムに見せたら「もうできたの〜」ってビックリしてくれました。

出来上がったフェザーレイを見ると嬉しくってまたいろいろどんどん作りたくなります。


| | コメント (8) | トラックバック (0)

Kaniakapupuの奥の滝

一つ前の記事で紹介したカメハメハ3世のサマープレイス、Kaniakapupuのすぐ裏にはヘイアウがあり、その横の道をまたまた蚊に刺されながら、せせらぎの音を聞きながらどんどん進んで歩いて行きました。

10分から15分くらい歩くと滝に到着です。


Rimg0261

高い滝ではありませんが、澄み切った冷たい流水が心地よさを運んできます。カメハメハ4世のお妃様であるQueen Emmaはこの場所で水浴びをされるのがお好きだったそうです。

Kaniakapupuはすごく危険な場所ではありませんが、決して一人では行かないでください。ガイドブックにも載っていない場所なので平日は人と会うことは滅多にありません。駐車場ももちろんなくてstreet parkingです。そして、もしもいらっしゃれるチャンスがあったら長袖長ズボン、虫除けは必須です。でないと刺されまくっちゃいますよ〜。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Kaniakapupu

ハラウの仲間とKaniokapupu(カニオカププ)に行ってきました。ここはカメハメハ3世のサマープレイスだった場所です。

ヌウアヌにあってホノルルからも遠くはないのですが、鬱蒼とした竹林の中を蚊に刺されながら進んでいくとカニアカププに到着します。

Rimg0244


Rimg0247


Rimg0245_2

カメハメハ3世はハワイの王様の中では長生きされた方で在位期間も29年間と長く、ハワイの改革に努められたり憲法を作られたり、大きな仕事をされました。在位されたのが12歳の頃とかなり若かったり、変化しつつあるハワイの国王としての責務のストレスも多かったのではないでしょうか。このカニアカププを訪れて静かなときを過ごされたのかもしれませんね。

また、カメハメハ3世はお若い頃実の妹であるナヒエナエナ王女と恋に落ちました。昔のハワイでは位の高い人々が同じ血族内で結婚するのは良いことでしたので、古い首長たちはこの2人の結婚に賛成でした。が残念ながらアメリカ本土から来たミッショナリーの人々の反対によりかないませんでした。許されない恋をしてしまったお2人も密かにここにやってきて、2人だけの幸せなひとときを過ごされたのかもしれません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Miss Aloha Hula 2012

夕べからMerrie Monarch のHula Competitionが始まりました。幸いなことに今年はホノルルにてテレビ観戦。Word WarehouseにあるNa mea Hawai'iというお店でプログラムを入手できたので、その解説や写真を見ながら楽しんでいます。

初日の昨日はソロ部門のMiss Aloha Hula。ハワイ中の有名ハラウから選出された実力のあるダンサーさんばかりなのですから、どの方も皆elegant かつ的確でしっかりした足の動き。また表情やドレスレイなどの装飾品も本当に素敵で目が奪われました。会場に行けば混雑はしているのでしょうが、お花やグリーンの香りが満ちあふれ何とも言えない臨場感で素敵なのでしょうね。

今年、Language Award に輝いたのはKa Pā Hula o Kauanoe o WaʻahilaのKeahiahi Sharon Longさん、こちらのハラウはいつも言語能力の高い実力派のダンサーさんを出してくるというイメージがあります。Kepakepa style のチャントでしょうか。私はまだまだ全然下手でレパートリーも少ないけれどチャントが大好きです。いつの日かあんな風にできるようになりたいものです、夢〜。

そして今年のMiss Aloha HulaはHālau Mōhala ‘IlimaのRebecca Lilinoekekapahauomaunakeaさんでした。毎年テレビで解説をしてくださっているPualani Kanaheleさんも"subtle but strong dancer!"という表現をされていましたが、本当に流れるようにエレガント、ソフト、しかも確実、本当に美しかったです。こちらのハラウのKumu Mapuanaは、Aunty Maikiのハラウでは私のクム(クムエド)の先輩であった方です(年はMapuanaさんの方がお若いとは思いますが)。 先日の練習でもクムカレオから、メリーモナークではこちらのハラウが一番参考になるからよ〜く見るようにと言われました。今日も明日も要•注目です。Rebecca さんがアウアナで踊られたKaulana nā puaの振り付けはAunty Maikiのもので、私たちが踊っているものもほぼ同じ振り付けです。Rebeccaさんのエレガントでさりげなく確実に感情移入された踊りを見ていたら感無量でした。この曲の名前はもともと"He inoa no nā keiki o ka band Lāhui"ということも学ばせていただきました。感謝。

またこちらのハラウの踊りを見て、いつも思い出し決して忘れることができない方は1997年のミスアロハフラ、Kehaulani Enosさんです。私はそのときの演技に感激し、その後ビデオはすりきれそうになるほど見ました。翌年1998年はKehaulani さんの踊りが見たくてメリーモナークを見にヒロまで出かけました(優勝した人はその後1年ミスアロハフラとして活躍し、最後のお仕事が翌年のミスアロハフラコンペの最後で踊ることなのです)。もちろん他にも好きなダンサーさんは何人かいらっしゃるのですが、Kehaulaniさんは私にとって本当にspecialで永遠の憧れ。いつかまたこの目でKehaulaniさんの踊りを堪能させていたくのが夢です(夢いっぱいありますねhappy01)。

今晩はKahikoです。インターネットでも見られますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マノアの滝

Dsc_0242

マノアの滝へいくツアーに参加しました。ツアーで行ったって話すと、バスで行ったりレンタカーした方が安上がりで楽しいんじゃない?って聞かれることもあります。確かには私公共のバスは大好き、それにハワイならば運転も苦にはなりません。でも山歩きなど自然とたわむれる旅ならやっぱりツアーがおすすめです。だってプロのガイドさんは目的地の知識はもちろん、途中で見られる景色や植物のことも本当によくご存知、ぬかるんでて滑りやすい道などでは安全にも気を使ってくれるので安心です。

時々お世話になっているアロハアイナエコツアーのガイドのまり子さんは今回も植物の話やら山の話など興味深い面白い話をたくさん聞かせてくれました。


Dsc_0219
クレープジンジャーは葉っぱが螺旋状についていくのが特徴だそうです


Dsc_0277

赤ちゃんアボカドhappy01。こんなにちっちゃいのにもうアボガドの形をしています


Dsc_0255_2
この山は虹の女神Kahalaopunaのおじいさん、この山から生まれた風と雨の子供がKahalaopunaなんですって

そしてまり子さんやほかのガイドさんを見ていていつも感じることですが、ガイドさんのお仕事はただ単に情報を提供することだけではないのですね。自分のお客さんが楽しくて安全なトレッキングをしてもらうこともちろんですが、上から下からやってくる他の登山者にも気を使い、一人一人のカメラで写真を撮ってくれたりと本当にサービス精神たっぷりです。私なんかは自分が使っているカメラ以外はよく使い方も設定もわからないのですが、きちんとこなしていらっしゃって本当に関心してしまいました。


Dsc_0239

つけてたレンズをできる限り望遠側にして撮った滝の上部です。マイナスイオン、感じてくださるとうれしいですwink


| | コメント (4) | トラックバック (0)

Pahuに命が宿った日

Our Babies were born!!

なんて言うと大きな誤解を与えそうですが(笑)、私たちココナッツの幹を手にしたときからそれぞれにドラムをOur Babiesって呼んで愛情を注いでいたのですhappy01

2012年4月6日、私たち7人の仲間にとって記念すべき日になりました。7人全員のパフが無事に完成したのです。

以下自分用のメモも兼ねていろいろ書きます。まとまりない文章ですが、ご興味あったら読んでください。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

皮は水に一晩つけ柔らかくし、乾燥しないように濡れたタオルにくるんで運びました。

全員が集まりお祈りしてから作業開始。私とHula brotherのロパカはクム・エドに別室に呼ばれ清めの儀式の仕方について学びました。またクムは私とロパカそれぞれに対する思いも語ってくださいました。

その後他の5人と合流。皮に穴をあけ、それぞれ持ってきた小さくて大切なものをドラムの内側に接着剤ではりつけました。そしていよいよ紐を通す作業開始です。まず皮にだけ紐を通し、ドラム本体にかぶせて大きさと位置を合わせて締めます。この時はもちろんきっちりは締めるものの、さほどきつくなくても大丈夫です。それが終わると今度は本体と皮を紐で結合。こちらは本当にしっかりときつく締めあげなくてはいけません。クム・カレオがしっかりと力を入れて締めるのを手伝ってくれました。

紐をしっかり結んで整えて作業は終わりですが、まだパフは完成していません。この後クム・エドがお清めの儀式を施し、この時私たちのパフに本当に生命が宿ったのです。

みんなで喜びあい、祝福しあい、その後一人ずつパフの名前、何故その名前を選んだのか、そのほか感想、思い、パフ作りで学んだことなどを話しました。

私がパフに彫ったデザインはレフアの花とダブルレインボー、パフの名前は『Moa'e Lehua』、trade wind(貿易風)という意味です。貿易風は北東方面から吹いてくるとても心地よい風ですが、Ko'olau 山脈の山々にぶつかり雨を降らせます。そしてその心地よい雨は虹を作り花を咲かせます。

私の紐の結び方は上部の横に走る紐が山、縦に走る紐はその山から雨が降っているように見えます。降り注ぐ雨はレフアの花を咲かせ、花の間にはダブルレインボが生まれるのです。貿易風がぶつかるKo'olau Mountainsのふもと、そこには私たちのクム・エドカラヒキが生まれ育った場所Haluakaiamoanaがあります。私たちのハラウの名前は、Na Punahele o Haluakaiamoanaです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

feather lei

007

他にも作っているものがあります。

鳥の羽根で出来たレイ。昔のハワイでは鳥の羽根でできたマントやレイをつけられるのは王様や貴族、首長に限られていたのですよね。

私が今回使うのは赤く染められたグースのレイ。赤いレフアのイメージです。フェザーレイを作るのは少し久しぶりなので、Aunty Pauletteの所へ行って復習してきました。

008

010

フェザーは定規を使ってきちんとはかり、同じ大きさにカットしました。

クムは私に同情して(笑)、夏くらいまでに完成させればいいよと言ってくれました(感涙)weep。でもあまりギリギリにならないように早めに進めたいと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

三軒茶屋ライブのお知らせ

4月29日(日曜日、昭和の日)に三軒茶屋にてHonuaiakeaさんのライブがありますclover

Honuaiakeaさん、Mieちゃんが素敵な歌をたくさん聞かせてくれます。お客様参加型のメレフラです。もちろん私も踊りますが、たくさんの皆さんのフラもとても楽しみですhappy01。もちろん聞くだけ、見るだけの方も大歓迎です。

cherryblossom日時:4月29日 日曜日 昭和の日

     開場18:00

     開演19:00

     終演22:00 

cherryblossom場所:音楽食堂 Mugen

            世田谷区太子堂4-8-3 ライオンズマンション三軒茶屋第二 B-001

     (田園都市線 三軒茶屋駅より徒歩7分、世田谷線 西太子堂駅より徒歩2分)

            03-3421-0308

            予約をお願いいたします。

cherryblossomチャージ:2000円

cherryblossom出演:Honuaiakea(Vocal, Guitar)

           Mie(Vocal, Ukulele)

           Kanani(Hula)

詳しくはHonuaiakeaさんのブログをご覧ください。

http://ameblo.jp/heala-huihui-e/entry-11214605480.html

楽しいゴールデンウィーク、皆さまとお会いできるのを楽しみにしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドラムに皮を貼る練習

昨日ホノルルに来ました。全国的な春の嵐で電車も運航を停止したり国内線は400便以上がキャンセル。被害に合われた皆さま、心からお見舞いを申し上げます。そんな中で無事に出発できるのだろうかと不安でしたが、3時間ほどのディレイはあったものの無事離陸、そして到着。先週仕事で訪れた時よりも確実に日差しも強くなっておりハワイもまた夏に近づいていて四季があることを改めて実感いたしました。

昨晩の練習では、かなりの時間を割いてパフを紐で締める練習をしました。皮と同じ大きさに紙を切り、穴をあけ、補強用の円形パッチ(社内のお友達はハンドブックの穴ようシールというとわかりやすいと思います)を貼りました。紐は不要な毛糸を使い皮を締め、ココナッツのドラムに手早く、的確に結合する練習をしました。

本番は金曜日です。今日はココナッツの木から作った胴体にククイオイルを塗りました。ボディを保護しひび割れや虫よけにもなるそうです。明日はもう一度軽くオイルを塗るつもりです。

金曜日をPahu dayを前に私はかなり緊張しています。My hula sisters とHula brotherも同じ気持ちだと思います。たかが楽器されど私たち7人にとっては本当に大切で重大なものです。7人は運命共同体。みんなで心を合わせて助け合って無事に全員のHula Pahuができあがりますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »