« feather lei | トップページ | マノアの滝 »

Pahuに命が宿った日

Our Babies were born!!

なんて言うと大きな誤解を与えそうですが(笑)、私たちココナッツの幹を手にしたときからそれぞれにドラムをOur Babiesって呼んで愛情を注いでいたのですhappy01

2012年4月6日、私たち7人の仲間にとって記念すべき日になりました。7人全員のパフが無事に完成したのです。

以下自分用のメモも兼ねていろいろ書きます。まとまりない文章ですが、ご興味あったら読んでください。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

皮は水に一晩つけ柔らかくし、乾燥しないように濡れたタオルにくるんで運びました。

全員が集まりお祈りしてから作業開始。私とHula brotherのロパカはクム・エドに別室に呼ばれ清めの儀式の仕方について学びました。またクムは私とロパカそれぞれに対する思いも語ってくださいました。

その後他の5人と合流。皮に穴をあけ、それぞれ持ってきた小さくて大切なものをドラムの内側に接着剤ではりつけました。そしていよいよ紐を通す作業開始です。まず皮にだけ紐を通し、ドラム本体にかぶせて大きさと位置を合わせて締めます。この時はもちろんきっちりは締めるものの、さほどきつくなくても大丈夫です。それが終わると今度は本体と皮を紐で結合。こちらは本当にしっかりときつく締めあげなくてはいけません。クム・カレオがしっかりと力を入れて締めるのを手伝ってくれました。

紐をしっかり結んで整えて作業は終わりですが、まだパフは完成していません。この後クム・エドがお清めの儀式を施し、この時私たちのパフに本当に生命が宿ったのです。

みんなで喜びあい、祝福しあい、その後一人ずつパフの名前、何故その名前を選んだのか、そのほか感想、思い、パフ作りで学んだことなどを話しました。

私がパフに彫ったデザインはレフアの花とダブルレインボー、パフの名前は『Moa'e Lehua』、trade wind(貿易風)という意味です。貿易風は北東方面から吹いてくるとても心地よい風ですが、Ko'olau 山脈の山々にぶつかり雨を降らせます。そしてその心地よい雨は虹を作り花を咲かせます。

私の紐の結び方は上部の横に走る紐が山、縦に走る紐はその山から雨が降っているように見えます。降り注ぐ雨はレフアの花を咲かせ、花の間にはダブルレインボが生まれるのです。貿易風がぶつかるKo'olau Mountainsのふもと、そこには私たちのクム・エドカラヒキが生まれ育った場所Haluakaiamoanaがあります。私たちのハラウの名前は、Na Punahele o Haluakaiamoanaです。

|

« feather lei | トップページ | マノアの滝 »

コメント

Kananiさん、本当に本当におめでとうございます。
おつかれさまでした。このPahuは正真正銘Kananiさんのベイビーですよ。いっぱい可愛がって、いい子に育てて下さいね。

投稿: naneapualani | 2012年4月 8日 (日) 15時16分

naneapualaniさん、

ありがとうございます。ほっとしました。これから本当にかわいがって、ちゃんといい音が出るように練習しなければなりません。親に従順ないい子に育ってほしいですcoldsweats01

投稿: Kanani | 2012年4月 8日 (日) 18時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507363/54417916

この記事へのトラックバック一覧です: Pahuに命が宿った日:

« feather lei | トップページ | マノアの滝 »