« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

Pahuが上陸した海岸

003

フラで使われるドラム、Pahu。私もココナッツの幹からせっせと作り練習に励んでいる最中ですが、このPahuは昔Kahiki(タヒチではないかと言われています)からLa'a (La'a-mai-kahiki)という人がカヌーに乗ってハワイに伝えたものです。

La'aがハワイを訪れたのは13世紀のことで、父親(おじとの説もある)Moikehaに呼び寄せられたためです。Moikehaは当時カウアイ島にて高い地位を築いていましたが高齢になり、La'aと会いたくなったようです。ですからLa'aの目的地はカウアイ島であったと思うのですが、彼のカヌーが上陸したのがこの写真の場所オアフ島ウインドワードサイドのWaikaluaだったそうです(参考:Nā wahi pano o Ko'olau Poko,  University of Hawaii Press、 By Ann Kapulani Landgraf )。

Waikaluaはカネオヘ近くにある小さな海岸。黒っぽい砂に貝がらもたくさんありました。何もない海岸ですが、風が心地よく遠くの方にはヨットハーバーや米軍基地が見え、私とフラシスターを優しく迎えてくれました。

009

008

一つ前の記事に書いたPua Mohala HaleはこのWaikaluaにあります。私にとって一生涯忘れることができないものになったPahuゆかりの土地で大切な儀式が迎えられることを光栄にうれしく思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Pua Mohala Hale

002

26日土曜日の練習はカネオヘ近くにあるPua Mohala Haleで行いました。

『お花が満開の家』という意味のこの場所は、個人のお宅の庭ですが、本当に花がいっぱいの美しい場所。そしてびっくりすることに、どの花もみんなサイズが大き目なんです。きっと土壌が肥沃なのでしょうね。

広いお庭に広がる芝生もお花同様よく手入れされて柔らかく、裸足で踊るのがとても気持ちがよかったです。

10月にはこの場所でウニキがあります。成田から到着したばかりで明るいsunshineがちょっとまぶしくクラクラしたけど、本番で全力が尽くせるようあと4カ月半がんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次のpracticeの場所は

今度の練習は普段の場所ではなくて、カネオヘの方へ行きます。この秋、ウニキをする場所へ行くのです。

何度も行ける場所ではないので、とてもいい経験になります。そういえばオラパのウニキのときは前日まで一度も本番の場所へは行きませんでした。今回は雰囲気、広さ、向き、芝生の感じなどいろいろ見て踊ってチャントもして感じてきたいと思います。

その朝到着してそのままフラシスターにピックアップしてもらい直行する予定です。

どうか欠航、遅延、業務の変更などありませんようにconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォーメーション

クムから与えられた新しいミッションは先日皆さんにお伝えしたKalākaua he inoaのフォーメーションを考えることです。

フォーメーションを考える上で一番大切なのは歌詞の意味であり、ただの見栄えだけで考えるものではないと教えていただきました。またどうしてもフォーメーションで変化をつけなければならないわけではなく、フォオーメーション無という選択も有りだともいわれました。

いろいろと考えるところはあるのですが、複雑なフォーメーションはしないつもりです。理由は私たちのクラスはクプナが大半なこと。そしてカヒコオンリーのクラスではあるものの、カヒコを踊る経験はそう長くない人たちが多いのです。

そしてもう一つの理由はこの踊りにはカラアウという木の棒の楽器が使われることです。ストロベリーグアバという木をみんなで山に採取に行って、一人ひとり自分たちで作った大切な楽器です。でもサイズも長いし楽器を扱いながら踊るだけで大変なことはわかっています。難しいフォーメーションで皆さんに余計なストレスは与えたくありません。それよりも優しいハートを持った皆さんが生まれながら持ち合わせた、そして長い人生経験から得られた穏やかできらめくようなスマイルの方を優先したいと思いました。

カラアウを巧みに使いながら難しいフォーメーションでかっこよく決めるのにはもちろんとても憧れますが、それはメリーモナークとかに出られるお若くて上手な方の多いハラウにお任せして私はビデオで楽しみたいと思います。

それでもちょっとだけ簡単でシンプルなフォーメーションをするかも。だって、先日少しだけ踊りをアレンジしたら、皆さん一生懸命がんばって、練習もたくさんしてくれて、すぐにできるようになってくださったのでhappy01。私もないアイディアを駆使してもうし考えてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末ハワイアン

  相変らず日記の当日アップができない私、先週末土曜日日曜日のまとめアップです。

one土曜日はHonuaiakeaさんのライブで踊らせていただきました。場所は渋谷のバッキーです。

にぎやかな渋谷の駅から徒歩5分もかからない場所にこんなお店があるなんて。。。壁には古いハワイアンのレコードのジャケットがかかったりしていて、落ち着いた大人の雰囲気のお店、何だかとっても落ち着きます。

私の仲良しでよくライブに来てくれるAkaneちゃんが素敵なフラシスターと2人で来てくれて、お2人ともフラを踊ってくださいました。他にもフラの好きな皆さんが本当に楽しそうな笑顔で何曲か踊ってくださったのが印象的でした。きちんと踊るのは必要だし、リサーチも大切だけどやっぱりフラは楽しいのが一番ですheart04

twoそして翌日日曜日もまず渋谷へ。目的はハワイのチェーン店L&Lの渋谷店で行われた永野亜紀さんとおもたにせいじさんのハワイアンライブですnote

163

ハワイのL&Lは日本でいうところのほかほか弁当屋さんみたいな場所です。もちろんeat inもできますが、いわゆるプレートランチをお持ち帰りできるのです。私はワイキキ店の常連で、ラウラウという豚肉や魚を葉っぱにくるんで蒸したハワイアンフードが大好きだったのですが、つい最近閉店してしまいましたheart03。残念ながらメニューにラウラウはなかったけど、L&Lに行けて嬉しかったー。

注文したのはこれです。

162

ヘルシアプレートっていうんですけど、ボリュームたっぷり~。なぜにヘルシアっていう感じですcoldsweats01。お野菜が多いからと思われます。ボリュームたっぷりは嬉しいことです。

そしてライブの方は言うまでもなく最高に楽しくて爽やかでしたclover。ウクレレとスラックキーギターに乗せて歌うお2人の声は優しくまるでハワイの風みたい。選曲はおなじみのハワイアンを中心として、さまざまな分野からも。ちょっと懐かしいセレクションが始まると、私と友人のNamikoさんは顔を見合わせて喜んでしまいましたhappy01。Ka'au Crater Boysのナンバーも何曲か。そう私がフラを初めて最初に買ったのはKa'au Crater BoysのCDだったんですよ。かわいらしいきれいなダンサーさん達のきれいで楽しいフラをたくさん見れたのも幸せでした。

168_2

threeその後東横線に乗って横浜市の白楽へ。毎月お世話になっているBlues Etteでのライブですが、その前に学生時代の友人の日本茶喫茶『茶のわや』さんへjapanesetea。茶のわやさんは本当に素敵でアットホームでそれはそれは美味しいお茶とお茶にある軽食やお菓子を出してくださいます。で、いつも写真を撮ろうと思うのに、あんまり美味しくて、そしておしゃべりも楽しくていつも忘れますcoldsweats02。次回は絶対撮るよ~。

白楽に行く機会があったら是非是非茶のわやさんに足を運んでみてください。絶対ファンになりますよ。全部美味しいけど、私の一押しは『肉巻きおにぎり』かな。

four最後になりましたが、私が大好きなライブハウスBlues etteでのHonuaiakeaさんのライブでした。いつも体育会系なハワイアンライブ、今回もめいっぱい踊らせていただき完全燃焼でした。学生時代からの仲良しのお友達がたくさん遊びにきてくれてとっても嬉しかったですheart04。よくライブに来てくれて素敵なフラや歌を披露してくれるMasaeちゃんや今回はお嬢さんと来てくれたMさん、みんなありがとうございました。みんなで踊ったフラ、楽しかったよね。そしてもちろんマスターの須山さん、Honuさん、いつもありがとうございます。

558681_296674767090693_100002445173

マスターの須山さんが撮ってくださった写真です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

097

初夏、今の季節ってハワイみたいに気持ちがいいですね。

写真は家の近くにあるポピー畑です。

ちょっとぼかしすぎて何だか水彩画みたいな写真になりました。

さて、昨日のウクレレ教室、このポピー畑でではないのですが、いつものお教室ではなくて屋外分校でのレッスンでした。

分校は私が住んでいる街の一角にある公園内にあります。

っていうか私が勝手に分校って呼んでいるだけですcoldsweats01

日差しが強くて日焼けするかなと思って日焼け止めをたっぷり塗ってつばの広い帽子を用意してたら突然の雷雨thunder

これはヤバイ、分校無理bearingと思って先生にメールをしたら「大丈夫、晴らす!」と言う心強いお言葉。

そしたら、本当に晴れた。うわぁさすがですhappy02

この季節の屋外演奏は本当に気持ちがよいですね。

これからも毎年5月は是非一回は分校授業をお願いしようと思いました。

今日の曲は常に私のfavoritesに入り続けているHe aloha ku'u ipo

いつ聞いても優しい心に響く旋律。踊っても歌っても幸せな気持ちになりそうな歌です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Swirl cookies

ワイキキのLewers Streetにとってもかわいくおしゃれで美味しいクッキーのお店ができました。

Swirl Cookies、くるくる渦巻型のクッキーをはじめとして素敵なお菓子がいっぱいです。

先日Hula Conferenceの帰りにNaneapualaniさんと行って、紅茶と一緒にいただいてきました。

何でもフランスにお菓子作りの勉強に行っていらしたとか。どうりで美味しいはずです。

そんなSwirl Cookiesのブログに私たちの写真を載せてくださいました。

http://swirlcookies.blog.mo-hawaii.com/63.html

もしよかったらみてくださいね!

そしてハワイに行ったら是非お店に行ってみてくださ~い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苦しいながらも楽しい練習

火曜日はアラワイ運河を挟んでワイキキとは対面にある小学校の講堂で練習しています。ハワイのハラウはよほど大きなハラウでない限り専用のスタジオを持っているところは少なく、だいたいは先生のお宅か公共の場所を借りてやっているように思います。日本のお教室のように鏡がついている場所も少ないかも。この小学校にももちろん鏡はないのですが、清潔で立派な講堂だし舞台つき。こんな場所を借りて練習できるのはラッキーです。

この頃は踊りもオリもパイも覚えることがあまりにも多くリサーチもたくさんあり、6月の初旬にはノートのチェックも予定されているのでみんなストレスとプレッシャーに負けそうになっているようです。先日もクムに堂々と文句を言う人がいたり、昨日は練習の後で号泣している人がいました。まぁ気持ちがわからないことはないのですが。今中心になって教えていただいているクムは本当に忍耐強く人格者なので、こちらがはらはらする事件があっても受け止めてくれています。

私ももちろんすごいプレッシャーで、夜中何回か目が覚めてしまったり、練習しなくちゃという強迫観念に苦しめられたりbearing。きゃー苦しい~って思ったりもしますが、それでもまだ今のところ好きなことをやっているという気持ちが辛さよりも何倍も強いのもうちょっと走れそうです。

ある仲間は「私たちは毎回テストをされているのよ」と言います。それも事実かとは思いますが、どうせテストされるなら、こちらも楽しんでテストをされたいものです。ってかなり楽観的で能天気な見解coldsweats01。日本語じゃないから100パーセントは理解できてなくて、それで楽観的なのかしらcoldsweats02。だってアメリカ人ががあまりにもシリアスなので。本当は出来の悪い私が一番シリアスに考えなければならないのかもならないんですけれど。まぁ地道に必死に楽しく優雅にあがきましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Pahu Makingのコクア

136

私のクムはシスターハラウの皆さんにもパフドラムを教えていて、そのクラスの皆さんのドラムも5月13日日曜日、誕生の日を迎えました。

私もクムに頼まれお手伝いに伺い、誕生の瞬間に立ち会うことができました。またこのクラスには小さなケイキの女の子(8歳くらいかと思います)もいて、さすがにノミやトンカチでパフを作るのは無理なので、ココナッツの胴体部はクムがすべてつくり、当日私が皮はりをさせていただきました。

皮を縛る糸ですが、私たちの時は全員コットンの糸でしたが今回はナイロンの糸も選択できました。ナイロンは丈夫ですが、滑るのでしっかりと締めるのが難しいのと、太いのであまり込み入ったストリンギングには向きません。大きめのパフでシンプルなストリンギングのものにはピッタリだと思います。私は今回もコットンを選びました。途中ちょっと苦戦して冷や汗ものでしたが完成。今回は皮はりに携わっただけでしたが、それでもやっぱり大感激でした。

無事6つのパフが完成、今回のクラスの皆さんも一人一人パフの名前を発表しそれぞれの思いを伝え再び感動の瞬間を味わうことができました。

私にコクア(ヘルプ)をさせてくださったクムに、そして私をあの場所にいさせてくださったシスターハラウの皆さんに心から感謝いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末の練習とコクア

秋のウニキに向けて土曜日にも練習が始まりました。ウニキをするのは7人だけですが、クラス全員のホイケも兼ねたイベントになるため、土曜日の練習もクラス全員が参加です。

場所はワイキキからも歩いていける距離の学校の校庭。ただ、楽器類など荷物が引っ越しをする人並なのでさすがに歩くのはつらく、いつもフラシスターに送り迎えをしてもらっています。

屋外での練習は私にとっても久しぶり。外で踊るのが初めてのフラシスターもいます。本番も屋外で行わるので雰囲気に慣れておくということはとても大切ですね。太陽の光がまぶしく少し暑いけれど風が心地よく快感です。本番で行うナンバーを通して練習しますが、私に課せられたエキストラの訓練は、フラシスターの踊りを見てどんなに小さいことでも気付いたことを注意するということです。実を言うと私にとってこれほど苦痛なことはありません。人を注意することは昔から苦手でしかも外国の人に英語で注意するのは言語能力の不足も伴い本当に辛いsad。。。この間もちょっとボ~と立っていたらクムから「Kanani何か注意して」と言われました。つ、辛い、でもこれも修行の一つ、乗り越えられるように努力します。

ちょっと緊張していたPua Lililehuaも1番と2番を無事にお伝えすることができました。今日は3番と4番とハイナをやります。クラスの中にはすでにこの踊りを知っている人が多いこと、振りをまだ知らなくてもほとんどがこの歌を知っていること、クラス全体が私を温かくサポートしてくれることなどわたしにとってプラスになる要素がいっぱいです。皆さんに守られ育てられ本当にありがたく思いますheart04

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Hula Conference 2012

先週末はWaikiki Hula Conferenceでした。Convention Centerで開かれるこのConference、私は大好きで第1回目からかかさず参加し今年は5回目になるそうです。フラ、ウクレレ、クラフト、講義など様々なクラスから自分が好きなものを8コマまで選択し、学びます。

今年は土曜日の午前中にハラウの練習、日曜日はパフづくりのコクア(ヘルプ)があり3コマしか受講できず残念と言えば残念でしたが、それも仕方がないこと、長い目で見て自分のためになることと理解することにしました。すべてのことがmeant to be、これが私の運命さ。別にあきらめるわけでもなく、負け惜しみをいうわけでもなくそう思えるようになったのは年を重ねたせいかもしれませんcoldsweats01

3コマの内容ですが、フラはまずクムKapi'olani Ha'oのLei Pikake。相変わらずアロハなオーラをビンビン発してくださるKumu Kapi'olaniやハラウの皆さんのおかげで気持ちよく踊ることができました。

そしてクムDodie HolmesとクムJohn 'AiwohiのPakalana Ke Aloha。この踊りはAunty Dodieがご自分のウニキトレーニングの時に振付をされたものだそうです。ご存知の方は多いかと思いますが、Aunty DodieもAunty Maikiのお弟子さんの一人、振付はまさにAunty Maikiのスタイルのエレメントがいっぱい。私にとっては本当に心地よいものでした。せっかくこのようなイベントなので、普段は味わえない違ったスタイルのフラを学びたいと思うのですが、やっぱり自分のクムではない他の先生から教えていただく同じスタイルのフラもよいですね。また是非受けてみたいと思いました。

そしてもう一つはクムAinsley Halemauのレイメイキング。ラウアエの葉でHakuスタイルのレイを編みました。ハクという編み方は土台となる素材を三つ編み(三つ編み以外でもOKと思います)にしながら外から見える花や葉を差し込んでいくという手法です。実は私はこのHakuスタイルはほとんど経験がなく今回結構苦労しました。でも無事に出来上がりました。

116_2 115_2  

来年もまた同じ季節に開催されるようです。もう来年のコンフェレンスを楽しみにしている私です(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月のライブのお知らせ

きれいな花がいっぱいで爽やかな5月、本当によい季節なのですが、今年はちょっと異常な天気の日もあり心配です。災害に合われた皆さま、心からお見舞いを申し上げます。

さて、今月のライブのお知らせをさせです。Honuaiakeaさんのライブで踊らせていただきます。

note5月19日(土曜日) バッキー (渋谷駅より徒歩3分)

             19時スタート  1ドリンク付き3000円

      http://music.geocities.jp/buckie_sg/

             tel: 03-3464-7792

note5月20日(日曜日) Blues Ette (東横線白楽駅前、コミュニティプラザビル2F)

             19時より  1ドリンク付き2500円

      http://www.ne.jp/asahi/blues/ette/

      tel: 045-717-7139

直接お店に予約していただくか、または私にメールまたはコメントをしてくださると助かります。が、急にご都合がついた場合は直接いらしていただいても大丈夫かと思います。

どちらのお店も私が大好きな場所です。またお客様の演奏や歌、フラは大・大・大歓迎。リクエストもお待ちしています。

どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレッシャーに負けないで

10月のウニキ準備のため火曜日に加え、土曜日も練習日になりました。もちろん全部出席することは不可能ですが、なるべく多く出席できるようにがんばりたいと思います。

長い人生の中には『今はこうするべき時』という瞬間、期間があるものです。そしてまさに今の私はできる限りクラスに出て皆と一緒に練習するべき期間にあるのです。

今の私の状況は、覚えることが山のようにあり、リサーチのチェックが6月に迫っています。いっぱいいっぱいの状態でないと言ったらそれは真っ赤なウソかもしれませんcoldsweats01。クムは優しいし、穏やかなクラスだけれど、毎回通常のクラスでの行動がテストであるのも確かです。そしてクムが与えてくださった新しい課題はクラスの皆さんに2曲のアウアナのフラを教えること。Pua LililehuaそしてAloha Kaua'i。Aunty Maikiをルーツに持つハラウでは最も大切にしているこの2曲をクムに代わって教えさせていただくのは本当に光栄なことでありプレッシャーです。英語を母国語とする人が大半なクラスで私が下手な英語で教えるのは実はもっとプレッシャーですが、前回Kalākaua he inoaを教えたとき同様、うまく気持ちを転換できたらいいなと思っています。うちのハラウにはハワイ語を母国語とする人はいません。ハワイ語をかなり理解できる人たちの数も限られているので、外国人の私からハワイの文化を外国人の皆さんにお伝えするという感じでしょうか。ハワイ人でない私ですから足りないところも…どころか足りないところばかりだとは思います。が、クラスの皆さんに助けてもらいながらお伝えできたらと思い、準備を進めています。

この2曲は10月のセレモニーでみんなで踊るのかもしれません。その時にみんなで笑顔で楽しく踊っている様子をイメージしようと思いますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

May day is Lei day in Hawaii♪

064b

5月1日はレイデイ。毎年カピオラニパークでレイのコンテストやフェスティバルが行われます。私が前回このフェスティバルを見たのは2000年、何と12年ぶりのことでした。

035

ステージでは有名なハワイアンバンドの演奏や地元のハラウのフラを楽しむことができます。

駆け足で回った会場、それでも素敵な発見がたくさんありましたよ。

044_2

レイ作りのデモンストレーション。

060

ハラの実のレイは手がかかっていることを実感

085_edited1

セレモニーに参加していたカヒリを持ったハンサムボーイズ

041

食べ物屋さんはいつでも混んでいますねdelicious

098

097_2

そして、レイコンテストの発表。いろんなカテゴリーに分かれていて、見応えがあります。一つ一つゆっくりと見たかったのですが、時間切れ。実はこの日は朝到着、午後3時半くらいから練習にでかける予定だったのです。でも我慢できずに仮眠を削ってカピオラニパークまで走ってしまいました。また是非見たいです。今度は12年後と言わずに来年か再来年かに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Ho'okenaコンサート

昨日はU'ilani Japanaさん主催の『若葉の頃の素敵なホオケナコンサート』のため、大井町きゅりあんに出かけました。

Ho'okenaやNina Keali'iwahamanaさんの素晴らしい歌や演奏を堪能、そして素敵なフラの数々を楽しんでまいりました。

とても悲しいことなのですが、私のクムと長い間お付き合いいただいてきて、私にもとても優しくしてくださっていたY先生が4月7日にお亡くなりになりました。

その先生のハラウのみんなさんは、もともとこのコンサートの出演が決まっておりました。もちろん迷いも少しはおありだったのでしょうが、みんなで団結して初志を貫き踊りぬくことが先生の願いであろうと決意、厳しい練習を重ねたそうです。そして昨日は本当に美しい素晴らしいフラを見せてくださいました。

Dsc_0315

Dsc_0359

私は皆さんのフラを拝見して本当に感動しました。きっとY先生も天国で…、いいえ昨日はきっと会場までいらして皆さんのフラを堪能し、感激し、そして誇りに思っていると思います。

何枚か撮らせてもらった写真、ハワイのクムにも送るつもりです。クムもきっと皆さんのことを誇りに思うことでしょう。

We love hula.  Keep on dancing...  皆さんも、そして私も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »