« 到着 | トップページ | ククイオイルの作り方 »

Kilohanaを染めた

059

Kilohanaとは、フラではくpā'ū(スカート)の一番上にはくデザイン入りのpā'ūのことです。

先日Kilohanaの染色、つまりデザイン付けをしました。

今回のデザインは、自分のパフドラムと同じデザインです。染色方法もいろいろとありますが、私たちはククイオイルと灰を使いました。灰はパフドラムを作った際、捨てずに保存しておいた削りくずや今回のウニキクラスが始まったとき、最初に作ったレイ達を乾燥保存しておいたものを燃やしてつかいました。

ククイオイルはオラパウニキのときは自分たちで作ったのですが、今回は買ってくることも許されました。その際は余分なものが入っていないオーガニックのものを選びます。

染料の詳しい作り方をここで書くことは省きますが、基本的にはオイルと灰を混ぜ合わせるだけ。

後はそのインクを使って布にデザインを描いたり、ステンシルをしたりします。

染めあがった布はまず数時間天日でかわかします。かわいてきたら、デザイン部分の上に吸収力のある紙、または新聞紙をあて、状況によりさらに上からタオルをかけて上からアイロンをかけ、余分な油を落とします。汚れないようにアイロン台の上にもタオルをかけるとよいでしょう。

数日後、海に持っていきpīkaiします。お清めですね。今は無事にそれも済みほっとしているところですhappy01

ちなみにこのKilohanaの染色なのですが、ハラウによってポリシーが少しずつ違うようです。同じ系列の別のハラウでは、生徒たちが経験できるようにと各々自分のものを染めるそうです。でもうちのハラウでは、Kilohanaの染色はクムの仕事で生徒の私たちがすることは許されていません。今回も染色はすべてクムが一人でしてくださいました。実際の染色以外のお手伝い、材料や道具を用意して適宜クムに渡したり染料を混ぜたり、干したりアイロンをかけたりetc...は私たち生徒もすることができます。

|

« 到着 | トップページ | ククイオイルの作り方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507363/55604868

この記事へのトラックバック一覧です: Kilohanaを染めた:

« 到着 | トップページ | ククイオイルの作り方 »