« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

Hawaiian Lullaby

シンプルで素直な歌詞とメロディアスで美しい旋律note、Hawaiian Lullbyは私が大好きな曲の一つです。皆さんの中にもこの曲が大好き!という人はたくさんいても嫌いと言う人はいないのではないでしょうか。英語の歌詞だということもありハワイでも大人気、フラを踊ったり音楽をやったりしない人たちもみんなが口ずさみ、誰からも愛されているハワイアンソングです。

作曲したのはPeter Moonさん、ハワイアンルネッサンスの原動力のお一人でもある超有名なミュージシャンです。しかし作詞をされたHector Venegasさんの名前は、聞いたことがありませんでした。
この曲が誕生した1973年、ヘクターさんは当時すでにトップミュージシャンだったピータームーンさんが中心となっていた人気グループSunday Monoa(サンデイマノア)のマネージャみたいなお仕事をされていました。ミュージシャンだったわけでも作詞家だったわけでもなかったのですね。
ヘクターさんにはKristaちゃんというお嬢さんがいらっしゃいました。Kristaちゃんはあかちゃんの頃重い病気(細菌性髄膜炎)にかかり、生死をさまよったそうです。昏睡状態に陥ることさへありました。ヘクターさんも愛するお嬢さんが病気と闘い苦しむ様子を見るのはさぞかし辛かったことでしょう。病気への恐怖、憤りから気持ちが落ち込むことも多々あったようです。そして、そんなクリスタちゃんが病気から少しずつ回復していく時、ベッドに横たわっている彼女を見ながら、まだまだ辛い自分の気持ちを落ち着かせるために書いたのがこの美しい詩だったのだそうです。
そして、この詩を見たピーター・ムーンは是非曲をつけさせてほしいとヘクターさんに頼み、ヘクターさんは承諾します。しかし、ヘクターさんが実際にこの歌を聞いたのはHawaiian Lullabyが実際にレコーディングされてからだったそうです。当時サンデーマノアのメンバーだったRobert Cazimero(ロバートカジメロ)さんがリードボーカルで歌われたこの曲を聞いたヘクターさん、"I got chiken skin" という発言をされているのもうなづけます。
Kristaちゃんもその後回復され、今では大人の女性となり、ハンディキャップを持つ人々の介護施設でお元気に働いていらっしゃるそうです(2006年当時のお話)happy01
(StarBulletinのニュース記事です)
そして、Hawaiian Lullabyはその後なんと30以上のシンガー、グループによって歌い継がれ、踊り継がれ、愛され続けます。虹、太陽、星、花、雨etc.、たとえ今自分の前にその自然現象はなくても、そんな美しい自然を心に感じながら体に感じながらいつまでも踊っていきたい曲です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢弦ライブ

10月27日土曜日の夜は三軒茶屋でライブがありましたが、その日はもう一つ嬉しいことが。私の大好きな友人Nさんと新宿で久しぶりに『デート』(←Nさんがブログで使ってくれた言葉…これも嬉しかったなぁheart04)することができました。

Nさんとはネットで知り合い(実は私が彼女のブログに一目ぼれしてナンパたんですー(笑)、Nさんはもちろん女性ですよん)、実際にあったのはまだ数回ですが、話がはずむことといったら(^^)。あっという間に時間がたってしまいました。Nさん、ありがとう、楽しかったです。また会いたいです。

そして三軒茶屋のライブハウス夢弦さんに移動。三茶駅ではいつもと違う出口に出てしまいまいましたが、目の前の大通りをどんどん進みます。あれ、でもなんだかいつもと雰囲気が違うなぁcoldsweats02。おっとそこは246でした。夢弦は世田谷通りなのよね。あはは。

夢弦さんでもHonuaiakeaさんのライブは毎月やっていますが、私はウニキの前からちょっとお休みさせていただいていて、今回はちょっと久しぶりでした。数か月間毎日踊ってきたのはカヒコばかりだったのでちゃんと踊れるか、覚えているかちょっと心配でしたが、Honuさんの素敵な歌を聞いたら体がすーと動きました。よかったーhappy01。やっぱりライブは楽しいです。

今回はそれはそれはたくさんの皆さんが集まってくださいました。よくライブに足を運んでくださるお友達、長い付き合いのお友達、そして初めて会う方。本当に皆さん楽しく優しく素敵な面々です。今回は私がウニキしたことについてお祝いを言ってくださったり、心のこもったプレゼントをくださったり。本当にありがとうございます。優しく温かい心づかい、本当に嬉しくて涙がでますlovely。でも、どうぞ次回は気楽にいらしてくださいね。

コラージュを作ってみました。

Live_2 

残念ながらこの写真にはないのですが、フラを踊ったことのないメンバーに出てきていただき、『月の夜は』をおどってもらいました。その時の皆さんの笑顔、本当に楽しそうで、私はそんな皆さんを見ているだけで幸せな気持ちになりましたよ、ありがとうございました。

来月Honuaiakeaさんのライブ予定。Honuさんの素敵なギター&ウクレレ、そして歌。フラは私とそして皆さんですhappy01。もちろん歌や演奏も大歓迎だそうですよ。

11日 横浜白楽Blues Ette (夜)

24日 渋谷バッキー (夜)

25日 三軒茶屋 夢弦 (昼の部 夜の部)

詳しい時間はまたお知らせしますが、25日の夢弦さんは昼の部も開催の予定だそうです。家庭の奥さまや小さいお子さんのいらっしゃるお母さまなど、普段夜の外出が難しい皆さんも、是非いらしてくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブログでウニキを紹介してくれました

今回のウニキにお忙しいなか参加してくださったYさんが、ウニキのことを通っていらっしゃる教会のブログにアップしてくださいました。

Yさんは私が大好きな先輩、フラシスターでもあります。

http://love.ap.teacup.com/psalm1226/101.html

何だかとってもよく書いてくださっていて、照れます(^^;)…でもすごく嬉しいです。

Y先輩、ありがとうございました(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

制服

私の働いている会社では来年制服が変わる予定です。

今日はそのフィティングをしてきましたt-shirt

で、フィティングしながらふと考えた、、、、、

私は今までに何種類の制服を着てきたかしらと。。。

えーと5種類で次のが6種類目(前の会社が3種類、今の会社が2種類+new one)six

いや、それは社会人になってからで幼稚園から考えたら9種類だね(幼稚園、中学、高校)。nine

ついでに学生時代のアルバイトのマックやウェンディーズ入れたら11種類。oneone

ハラウのユニフォームTシャツやおそろいパウは入れていません。複雑になるからcoldsweats01

私は社会人になってからの制服の数が多いから、制服度数(←こんな言葉あるの?)が高い方だと思います。

普通は皆さんは今までにどれくらいの種類の制服を着ていらっしゃたのでしょうね。

学生時代に転勤族のご両親を持っている人は結構制服度数が高いかもしれません。

制服度数0っていう人もいるのかしら?zero

制服っていうと日本独特…というイメージがあるけど、ハワイやアメリカやシンガポールやタイなどの外国でも結構見かけます。

ハワイではTシャツを制服にしているところもあるみたいで、子供たちが同じTシャツを着て登校している姿をよく見かけます。なかなかかわいらしいし、ハワイらしくっていいなといつも楽しい気持ちで眺めています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ハワイ時間になってしまったー

普段から仕事で海外に出かけてます。が、あっという間に帰ってきてしまうので体に時差が残ることはあまりありません。何となぁく自分をごまかして元に戻して、そしてまた仕事へ出かける…という生活です。

しかし、今回は長い滞在だったのでさすがに体内時計がハワイ時間になりました。夜8時くらいになるともう眠いsleepy。そして朝は3時とか3時半とかに目が覚めてしまうという、何だかおばあちゃんみたいな生活をしています(笑)。

昨日は髪を15センチほど切ってきました。何故切ったか、理由の一つはちょっとだけ気分転換したかったこと、そしてもう一つは屋外での練習が多く、髪が相当傷んでしまったことです。太陽の光をガンガン浴び風に吹かれた髪は、首にかけたマイレレイとも絡み合い、相当なダメージを浴びました。美容院でトリートメントしてもらってカットしてもらったら何だかさっぱりしました。

もう一つ新しいことは、日本でもiPhoneを使い始めましたphoneto。ハワイでsim-freeというシムカードを入れ替えられる機種をゲットし、数ヶ月前から使い始めていましたが、それをdocomoショップに持ち込み、日本でも使えるようにしてもらいました。とても便利なのですが、一つ困ったことはDocooの携帯メールアドレスが使えなくなったことです。このことは私と個人的にお付き合いしていただいている皆さんには少しずつマニュアルでメールをしてお知らせしています。何しろ少しずつやっているので時間がかかっていますcoldsweats01。がどうぞ気長に待ってやってくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

終わりました

ウニキが無事に終わりました。

1年3カ月の準備は、本当に大変ではあったけれど苦しかったり辛かったりすることはなく、本当に楽しい日々でした。

終わってしまって嬉しくほっとした半面、ちょっとさびしい思いもします。

2人のクム、コクアクムの皆さん、Hula brother and sisters、家族、友人、会社etc..私を支えてくださった皆さんに感謝いたします。

ウニキをしても、今のハラウのメンバーであることにはかわらないのですが、明日からまたちょっと違った目標も持って歩き続けたいと思います。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

Pahu用のWehiを編む

午前中はラウアエを採りに行ってきました。

午後からはククイの葉を使ってパフドラム用の飾りを作りました。

レイと同じ方法で作るのですが、楽器の飾りはレイと呼びません。wehi(ベヒ)と呼びます。

Leiというのは頭や首にかける飾りのこと。やっぱり同じ作り方だけど、手首や足首にまくブレスレットはKupe'e(クペエ)って呼びます。

Pahu用のWehiはとても大きくてボリュームがあります。理由はPahuが大きいからですねcoldsweats01。アロハフェスティバルなどのパレードで馬がつけている巨大なレイがあります。何だかあれを編んでいるような錯覚に陥りました。でも馬に叱られそうです、「僕の首はそんなに太くないよ」って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まずはククイ

Dsc00904

昨日からいよいよ本番のウニキに使う植物の採取を始めました。まずはククイです。

今回ククイはPahu、Kilu、Ipuhekeという3種類の楽器の飾りに使います。

採ってきた葉ですが、比較的水に強くこの葉につく虫の卵(?)があるので、私は1枚1枚洗います。卵の部分は楊枝で軽くこすって落します(ちょっと気持ちわるいけど我慢catface)。以前はこの葉をよく日本に持ち帰り、自宅でレイを編んでいました。土や卵を落とした葉なら植物検疫を通して持ち帰ることも可能です。

今回もこうして洗ったあと、サイズを大・中・小と大まかにわけてペーパータオルや新聞紙で包み、さらにビニール袋に入れて冷蔵庫で保存します。

今日はKilu(膝につけてビーターでたたく小さなドラム)用のwehiを編みました。(小)の葉を120枚前後使いました。出来上がった飾りは、やはり適度に湿り気を与えたペーパータオルで包んでビニール袋に入れ、冷蔵庫で保存すれば3週間くらいは保存できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嵐の前の

明日くらいからレイ類を編む植物を摘む作業、それを使って大量のレイや飾りを編む作業を始めます。そうなると嵐のような忙しさtyphoon。昨日今日はその前の少しだけ心静かにゆったりと過ごせるひと時です。

昨日はアウアナクラスに出ました。私が所属しているハラウはカヒコの日とアウアナの日が別々です。こちらに住んでいる人はお仕事やご家庭の都合などが許せば両方出ることが可能だし、それが一番良いことです。でもさすがに普段の私にはそれはかないません。でも、アウアナ大好きな私としてはちょっと残念ではありますが、迷わずカヒコクラスを選んだのも事実です。

でも久しぶりのアウアナクラスは本当に楽しい~heart04。クムもカヒコのときとはちょっと違った雰囲気で私たちを楽しませてくれます。クムのオーラをいっぱい感じながら踊ってきました。昨日練習したのは

noteBasic Hand

noteKe aloha

noteMisty Rain and Lehua

アウアナクラスだけ出ているシスターたちとも久々に会えた楽しいひと時でした。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

話は全く変わりますが、このところティーリーフのtwisted leiを大量に編んでいました。

Dsc00882

Dsc00881

自分がつけるためではないのですが、ティーリーフのレイは気楽に作れて楽しいです。いったい何本編んだのか数えてみたらシンプルなのが24本、写真のように飾りをいっぱいつけたのが2本です。

何に使うかはまた後日書きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘルモアのハラは大きい

Dsc00886

先日からハラの実が気になってしかたがなかった私ですが、今朝はロイヤルハワイアンセンターのハラの木の下からこんな実を拾ってきました。

左2つがロイヤルハワイアンセンターのものですが、うわぁ大きい!

一番右側の大きさが私が認識している普通サイズです。ハラの実のレイなんかも普通は一番右くらいのサイズで作られています。

Dsc00884

視点を変えてみてもやっぱり大きい~(置く位置も変えてしまいましたcoldsweats01)。もしかしたら種類が少し違うのかもしれませんが、さすがはロイヤルハワイアンセンター、土地も肥えていて植物へのお手入れも行き届いているのに違いありませんshine

ロイヤルハワイアンホテルやロイヤルハワイアンセンターがある場所は元々ヘルモアと呼ばれたハワイのAli'iゆかりの場所です。Ma'ilikukahi、Kakuhihewa、Kamehamehaの王様たちからBurnice Pauahi Bishop王女へと引き継がれた土地でした。現在のロイヤルハワイアンセンターはワイキキの目抜き通りにあるショッピングセンターとして機能しているのはもちろんですが、ハワイ固有の植物を育てたり、ハワイアンカルチャーであるミュージックやフラのショーで私たちを楽しませてくれているのは本当にうれしいことです。

このショッピングセンターの案内用無料小冊子、R (ロイヤルハワイアンセンターオフィシャルガイド)には毎回、こちらのCultural directorであるManu Boydさんのハワイ文化に関するエッセイが連載されていて私は大好きです。英語のみですがもし苦でなければ是非読んでみてください。きれいな写真だけでも楽しめるかと思います。

009

ロイヤルハワイアンセンター2階からロイヤルハワイアンホテルの写真を撮ってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルーアイス

1349199416038.jpg 1349199419578.jpg

滞在費も必要だし時間もなくて、お買い物どころではない今回のハワイです。でもこんなものを買いました。

大型のクーラーボックスと溶けてもまた凍らせて何回も使えるドライアイス。正式名ではないのかもしれませんが、英語ではBlue Iceで通じるようです。購入したのはColemanの商品、ブランド物ですねhappy01。ブルーアイスは8個買いました。

買った目的はもちろんBeer や Juiceを冷やすためsnow、…、じゃなくって'Ūnikiに使うレイを保存するためです。事情がありまして、レイ達を冷蔵庫から出すのは実際に使う時間よりも30時間くらい前になります。それから本番まではこのクーラーボックスとブルーアイスが頼りです。うまく冷やしておけるかな。

使ったら、このクーラーボックス日本に持ち帰りたいと思っています。無事持ち帰れでしょうか。別送品として自宅に送る方法も研究してみようかと思います。ハワイから荷物を郵送された経験のある方がいらっしゃったらアドバイスお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »