« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

今日のNi'ihau島とLehua島

飛行機の窓からカウアイ島やニイハウ島が見えると、ラッキーな気分になりますhappy01

とは言っても見えることは多いのですが、お天気にも関係するし、その頃忙しく働いていることも多いので。

今日は、天気もよくニイハウ島のすぐ近くにあるレフア島も見ることができて超ラッキー気分lovely

Photo

スマホで撮った写真なのでちょっとはっきりしませんが、ニイハウ島の右上に見えるのがレフア島です。

レフア島のことは、先日のカオナオアの記事でも少しだけふれました。

http://kananikalehua.cocolog-nifty.com/kuu_manawa_oluolu/2013/04/kaunaoa.html

ペレ達家族がハワイにやってきたとき、この島を訪れ、ヒイアカがレフアのレイをささげたので、この名前がついたそうです。

今は野鳥のsanctyaryとのこと。行けない場所だと知っていますが、私の名前にもLehuaがつくし、行きたいという夢だけは広がります。

3 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Halau のFacebook ページです

2月からHalau Ha'ahulanahenahemeke'alalaua'e が正式に発足しております。

まだ人数は少ないものの、成田校は毎週金曜日に練習を続けています。その他に2クラス、月に1回のプライベートなメンバーのクラスがあります。

どのクラスでもフラの踊り以外にもハワイの文化をいろいろとお伝えしたいと思っています。

未熟で経験も少ない私ですが、勉強は一生続けるもの。特にハワイアンの世界は奥が深すぎてどんなに長生きしても学びきれないでしょう。それでも立ち止まらず勉強を続け、生徒さんにシェアしていけたら嬉しいです。

このブログは一応パーソナルなものなので、必要以上には日本のハラウのことは書いていません。その代わりFacebookにハラウのページを作りました。

http://www.facebook.com/kananikalehua

Facebookに入っていなくても見られるのでしょうか??ごめんなさい多分大丈夫だと思います(^^;)。

Halau Ha'ahulanahenahemeke'alalaua'e 、長いのでHa'ahulanahenaheって普段自分では呼んでます。それでも長い?じゃ、Nahenaheでお願いします(^^)。「優しい」とか「ソフトな」とか「音楽みたいにメロディアスな」っていう意味です。ナヘナヘですよヘナヘナじゃないからね(^^)。

成田校はまだまだ生徒さんを募集中ですので、どうぞよろしくお願いします。経験は問いませんが、ハワイが大好きな人、またはハワイが大好きになりそうな予感がしている人を希望します(^^)。もちろんそうでなくてもOKです。だってきっとすぐにハワイとフラが大好きになりますよheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メリーモナークを見ながら書いています

今メリーモナークをインターネットで見ながら書いています。

今日は最終日でアウアナ、やっぱりアウアナは楽しいですね♪。

もちろん昨日のカヒコも。パソコン画面で見ていても迫力がビンビン。カヒコで印象に残ったのはやっぱりKeali'i Ho'omaluさんのハラウでしょうか。オラパの入場の仕方などドギモを抜かれました。そして、チャンターがプルミと呼ばれているハワイの昔のホウキを巧みにを使ってパフを叩いているのを見てビックリ。奇想天外なアイディア、そして人に何と言われようとそれを貫く様子など、やはり天才なのでしょうね。な~てこんなことを書いたら失礼でしょうかcoldsweats01。私が習っているカヒコとは全いすぎるくらいスタイルが違うのですが、一度ワークショップなど受けさせていただくチャンスがあれば嬉しいなと思います。

今年は50周年ということで、私にとってはとても懐かしく感じられるハラウがたくさん出演していて楽しさも増します。フラを始めて2年くらいたった頃でしょうか。毎日夢中になって見ていたメリーモナークのビデオ、あの頃も今も常連さんなところも多数ありますが、エトゥア・ロペスさんとかシシィ・カイオさんとかグレン・バスコンセレスさんなどは当時の常連さんでしたよね。本当に懐かしい感じがします。

今年は何だか勝ち負けにこだわるというよりは、『こだわり』とか『らしさ』とか『思い入れ』みたいなのが感じられるようにも思い、例年以上に楽しいなぁと思います。

そして今ちょうどHālau i ka wekiu のwahineの皆さんが踊っていらっしゃいますが、皆さん去年'Ūnikiされたかたということ。トレーニングの様子も少し特集されていましたが、去年の自分と重なることも多く、感慨深い思いでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lehuaがいっぱい

ハワイ島でキラウエアに向かってドライブしているとオヒアの木とレフアの花がいっぱい見えます。

Dsc_1122

溶岩台地から真っ先に芽を出して育ち咲くのがレフア。私も美しいレフアの花というお名前をいただいているので、レフアの花のように生きて行けたらいいなぁといつも思っています。

それにしてもレフアがいっぱいです。

Dsc_0017

Dsc_0019

Dsc_1118

Dsc_1121

Dsc_0752

今日はレフアの写真ばっかりのブログになってしまいましたcoldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Kauna'oa

まだ行ったことがないけどいつか必ず行きたい場所、Lana'i島です。

Lana'i島の花はKauna'oa。Kauno'a(カウノア)という別名もあり、こちらの別名は時々チャントなんかで使われています。また英語名はDodder、日本にもネナシカズラという名前でよく似た仲間が存在しているようです。

Dsc_0425

(カウアイにて撮影)

紐みたいなの。これがカウナオアです。葉っぱはないけど、白い釣鐘状のお花は咲きます。そして、なんと寄生植物、ちょっと気持ち悪いけど、昔はこの蔓を煎じて薬に使ったそうです。

ラナイ島の花として有名だけど、ハワイではKaho`olaweを除いた全島で見かけることができます。海辺が多いけれど、山の中でも見られます。

Dsc_0127

この写真は3月にハワイ島で撮影したもの。大量のカウナオアにビックリしました(^^;)。ちょっと気持ち悪いかも。

ペレとヒイアカのストーリーでは、そのお話の中で最初に登場するレイがカオナオアなのだそうです。そのお話は、
ペレとその家族がカヒキからハワイに来たとき、Nihoa島近くの小さな名もない島に辿り着きました。Peleはそこが気に入り、カオナオアのレイをかけました。末の妹のHi'iakaはレフアのレイをかけ、そのときからそこはLehua島と呼ばれるようになりました。Lehua島はNi'ihau島の近くにある小さな島で、晴れた日にはカウアイ島のワイメア付近から見ることができます。

下のリンクではKanoe Millerさんによるカウナオアの説明を見ることができます。カノエさん自身がカウナオアを採取し、レイを編んでいます。ドレスで優雅に踊るカノエさんはもちろん私の憧れですが、こうやってジーパンでバンバン山に入っていったりレイを編むカノエさん、とても素敵です。是非ごらんください。

http://blip.tv/kanoe-millercom/gathering-and-weaving-kauna-oa-into-a-lei-5099512

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »