デジタル一眼入門講座

私は父や叔父の影響で一眼レフはニコン派です。この1年、一眼の使い方についての本や雑誌を自分なりに読んできたのですが、難しくて理解できないことや、頭では何となく理解していてもとっさに実践できないことがたくさんありました。

そこで、ずっと興味があったニコンカレッジの1日講座『デジタル一眼入門講座』に行ってきました。会場は田町駅すぐ近くのきれいなビルの34階。受講者は20名くらいでしょうか。その約4分の1が女性でした。

ニコンカレッジなので、ニコンのユーザーがターゲット。先生は数種類のニコン一眼レフを使って説明をしてくださいました。同じメーカーでも機種によってボタンの位置やメニュー内容が微妙に違います。ニコンは堅実なイメージなのですが、それでも新商品はどんどん出るし、そのたびに技術革新がされ、仕様も異なってくるのですね。

約3時間の講座でしたが、内容は本当に盛りだくさん。「デジタル一眼を手にしたその日から…」と言うにはちょっと難しい内容かもしれません。とても役立ちました。

これからはシャッターを押す前に
ISO感度、ホワイトバランス、ピクチャーコントロールの設定を考えようという目標を立てました。また露出を変えて何枚かとることも必要ですね。

そうそう、『カメラの構え方』の基本説明の時間もありました。先生の説明を聞いて受講生が一斉に構えます。先生は私の構え方を見て「おっカッコイイね~。もう20年も一眼使っているでしょ(笑)」とほめてくださいました。もちろん私は初心者ですが、「はい、私フラダンサーですから形から入るんです」って返そうかと思ったのですが、やめました。このギャグ、カメラ教室では受けそうにないですよね(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)